地震・洪水発生時の対応と心構え|福島県南会津町

互いを思いやり人と自然がやさしさに包まれた安心と信頼のまち

地震・洪水発生時の対応と心構え

地 震

地震が発生したとき、被害を最小限に抑えるには、一人ひとりがあわてずに適切な行動をとることが大切です。 そのためには、日頃から地震について関心を持ち、いざというときに落ち着いて行動できるよう、正しい心構えを 身につけておくことが必要です。


家族でよく話し合いましょう!

家族の役割や、避難場所、避難路、連絡場所について家族でよく話し合っておきましょう。

避難場所を確認しておきましょう!

貴重品・懐中電灯・ロウソク・水・携帯ラジオ・現金・ライター・ナイフ・非常用食品・ 救急医療品・など。
リュックなど背中に背負える物に入れていつでもすぐに持ち出せるように しておきましょう。

家具の転倒防止!

家具などの転倒でけがをしないよう、固定金具等で転倒防止の措置を講じておきましょう。

家の安全点検をしておきましょう!

塀やベランダや看板など、地震により転倒や落下する場合があるので、業者と相談して点検し、 必要があれば補強工事をしておきましょう。

地震その時の10ポイント

  1. ぐらっときたら身の安全
  2. すばやい消火、火の始末
  3. 窓や戸を開け、出口を確保
  4. 落下物、あわてて外に飛び出さない
  5. ガラスの破片に気をつけよう
  6. 協力しあって救出・救護
  7. 門や塀には近寄らない
  8. 確かめ合おう、我が家の安全、隣の安否
  9. 避難の前に安全確認、電気・ガス
  10. 正しい情報、確かな行動

洪 水

 毎年、全国各地で台風や大雨などの風水害で被害が発生しています。 風水害による被害を最小限にするためには、日頃からの備えと心構えが大切です。
次のことに注意して被害を最小限に抑えましょう。


気象情報に注意しましょう!

テレビやラジオ、インターネットなどを通して、最新の気象情報を入手しましょう。

避難場所を確認しておきましょう!

一時的に避難する場所や、危険箇所を地元の自治体に尋ね、確認しておきましょう。

家の周りを点検しましょう!

強風に備え家屋など老朽化している所を補強するとともに、排水溝などがゴミで詰まっていないかどうか、 点検しておきましょう。

安全な避難順路を確認しておきましょう!

避難する場所を地元の自治体に尋ね、日ごろからそこまでの道順を確認して おきましょう。

避難するときには

  1. 単独行動は避け、協力しあって避難しましょう
  2. お年寄りや子供、病気や体の不自由な方がいる家庭では早めに避難しましょう
  3. 避難の勧告や指示が出された場合には、その指示に従いましょう
  4. 周囲の状況から見て、危険と判断した場合には、自主的に避難をしましょう
  5. 電気やガスなどの始末と戸締りを確実に行いましょう
  6. あらかじめ確認しておいた最も安全な道順を選んで避難しましょう
  7. 服装は行動しやすいものとし、ヘルメットや運動靴、手袋なども用意しましょう
  8. 何よりも、あわてず落ち着いて行動しましょう


前のページへ戻る