豪雪対策本部が設置されました(H30.01.26)|福島県南会津町

互いを思いやり人と自然がやさしさに包まれた安心と信頼のまち

お知らせ一覧

緊急・災害情報

南会津町トップページ緊急・災害情報 > 豪雪対策本部が設置されました(H30.01.26)

豪雪対策本部が設置されました(H30.01.26)

1月26日16時30分、豪雪対策本部を設置いたしました。気象情報等に十分に注意ください。

屋根からの落雪、除雪作業、道路の凍結等に注意してください

 今までの大雪に伴い、屋根からの落雪が心配されます。
 除雪作業には十分注意していただき、一人での作業は大変危険ですので、二人以上での作業をお願いいたします。詳しくは、『除雪中の事故防止のための10か条』をご覧ください。

 また、歩行者の方や、車を運転される方は、道路の凍結に十分注意してください。

消流雪溝のご利用について

 消流雪溝は一度に大量の雪を入れると下流域で雪がつまり、水が溢れてしまいます。詳しくは、『流雪溝利用上の注意点(東部地区バージョン西部地区バージョン)』をご覧ください。

自動車等の運転について

 大雪、地吹雪などにより視界が不良となる場合がありますので、運転には十分に注意してください。

水道管の凍結にご注意ください

  • 冬場に長期間留守にする場合や、気温が氷点下4℃以下になると水道が凍結しやすくなります。
  • 屋外で陽が当たらない場所や風当たりの強い場所、むき出しになっている水道管などは特に注意が必要です。
  • 水道管を凍らせたままにしておくと、水道管の破裂につながることもあります。
  • 水抜栓で水を抜く、屋外水栓を電熱線などで保温するなど、凍結防止対策をしてください。

凍結したとき

  • 凍った部分にタオル等をかぶせ、その上からぬるま湯をかけてゆっくり溶かしてください。
  • 急に熱湯をかけると管や蛇口が破裂することがあります。

公共交通機関の運行情報について

 大雪の影響により、交通機関に乱れが出ることが予想されます。 最新の情報は、各会社へお問合わせください。

空き家の管理について

 大雪の影響による倒壊、屋根からの落雪などにより、歩行者がケガをしたり、道路の通行、事故などが起きないように管理をしてください。

前のページへ戻る