会津田島祇園祭|福島県南会津町

互いを思いやり人と自然がやさしさに包まれた安心と信頼のまち

会津田島祇園祭

京都の祇園祭と並び日本三大祇園のひとつに数えられ、800年の歴史があります。
どぶろく祭、ふき祭とも称される会津田島祇園祭は、お党屋制度によって保存され、
現在9組のお党屋組が1年間党本を支えて祭事を担当します。
10年目に巡ってくる当番お党屋を中心に、前年のお党屋組である「渡し」と、
翌年のお党屋組の3組が繰り広げる祇園祭は1年がかりの大行事。
伝統の民俗を守り続けて、昭和56年に国の重要無形民俗文化財に指定されました。

【見どころ】

22日、23日の夕方から行われる歴史と伝統がある「子供歌舞伎」の熱演、
4台の大屋台が繰り広げる迫力満点の「喧嘩屋台」、そして23日早朝に行われる「七行器(ななほかい)行列」。
七行器行列は別名花嫁行列とも呼ばれ、毎年40人前後の花嫁衣装を身にまとった未婚女性達が街中を歩きます。
その姿を一目見よう、カメラにおさめようと毎年多くの見物客やカメラマンが祇園祭に押し寄せます。
花嫁達が神社に向かう姿は厳かで美しく、まさに豪華絢爛。
ぜひお越しください。



日 時 : 平成29年7月22日(土) 正午~午後10時30分
             23日(日) 午前7時50分~午後10時30分
             24日(月) 午後1時~午後3時

場 所 : 南会津町田島字中町地内


お問い合わせ : 南会津町観光物産協会 TEL 0241-62-3000



前のページへ戻る