認知症に関する取り組み|福島県南会津町

互いを思いやり人と自然がやさしさに包まれた安心と信頼のまち

お知らせ一覧

緊急・災害情報

南会津町トップページ健康・福祉 > 介護保険 > 認知症に関する取り組み

認知症に関する取り組み

認知症とは

認知症は脳の病気?

 認知症は、さまざまな原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが低下したりする脳の病気により、日常生活に継続して支障をきたしている状況です。この脳の病気は、誰にでも起こりうるものです。
 認知症には、アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体認知症などの種類があります。
 おもな症状としては、記憶障害(もの忘れ)がありますが、老化によるもの忘れとは違い、記憶が丸ごと抜けてしまうため、本人には忘れたという自覚がありません。ほかにもいろいろな症状がありますが、生活環境や周囲の人の接し方により起こる症状もあるので、認知症の正しい理解が大切です。

早く気づくことが大切

 認知症は、その原因によっては、早期に適切な対応をとることで、治療ができたり、進行を抑えることができたりする場合もあります。気になる変化があったときには、かかりつけの医師に相談し、必要な時は専門医を紹介してもらうといいでしょう。

認知症になっても

 認知症の人やその家族が、悩みを抱え込まず、安心して暮らせる地域づくりを目指して、さまざまな取り組みがあります。


相談窓口

「認知症かもしれない・・・」と思ったとき、また変化していく状態に応じて、専門家と相談しながら、制度やサービスを上手に利用していくことが大切です。お気軽にご相談ください。
相談窓口 電話番号
  南会津町地域包括支援センター 0241-64-5035
  田島在宅介護支援センター 0241-63-1113
  舘岩在宅介護支援センター 0241-78-8355
  伊南在宅介護支援センター 0241-76-7330
  南郷在宅介護支援センター 0241-72-8282
  南会津町役場健康福祉課 0241-62-6170
  舘岩総合支所町民課健康福祉係 0241-78-3325
  伊南総合支所町民課健康福祉係 0241-76-7713
  南郷総合支所町民課健康福祉係 0241-72-2225

認知症初期集中支援チーム

 認知症が疑われる人、認知症の人とその家族に、医療や介護の専門職がチームになって早期から関わり、適切な医療や介護サービスにつなげるための支援をします。

お問い合わせ先

 南会津町地域包括支援センター 0241-64-5035


認知症サポーター養成講座

 認知症サポーターは特別な活動をするわけではありません。認知症について正しい知識を持ち、認知症の人やその家族を温かい目で見守ったり、声かけしたりする理解者・応援者です。誰でもなれます。
 受講者にはサポーターの証としてオレンジリングが配付されます。
 受講希望者が5人以上いれば、随時開催いたします。

お申し込み先

 健康福祉課介護保険係 0241-62-6170


認知症カフェ

 認知症に関心のある人、もの忘れが気になる人、認知症の人やその家族、かつて介護をしていた人、地域の人などが安心して集える場です。脳について学んだり、脳やからだにいい体操をしたり、情報交換をしたりと、カフェによってメニューもさまざまです。


前のページへ戻る