感染症の予防(正しい手洗い・咳エチケット)|福島県南会津町

互いを思いやり人と自然がやさしさに包まれた安心と信頼のまち

お知らせ一覧

緊急・災害情報

南会津町トップページ健康・福祉 > 新型コロナウイルス感染症対策 > 感染症の予防(正しい手洗い・咳エチケット)

感染症の予防(正しい手洗い・咳エチケット)

日常生活で気を付けること

 まずは手洗いが大切です。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などにこまめに石けんやアルコール消毒液などで手を洗いましょう。
 咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。
 持病がある方、ご高齢の方はできるだけ人混みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。

 ※発熱等の風邪の症状が見られるときは、学校や会社を休んでください。
 ※発熱等の風邪の症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録してください。
 

感染症の予防

 新型コロナウイルス感染症がどのように感染するのかについては、現時点では、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つが考えられます。飛沫感染は感染者のくしゃみや咳、つばなどの飛沫と一緒にウイルスが放出され、別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込むことで感染します。接触感染は感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れてウイルスが付き、別の人がその物に触ってウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触って粘膜から感染します。

 (参考 厚生労働省 新型コロナウイルスに関するQ&A より)


一人ひとりができる新型コロナウイルス感染症対策① 正しい手洗い

 一般的な衛生対策として、石けんによる手洗い等を行っていただくようお願いします。洗い終わったら十分に洗い流し、清潔なタオルやペーパータオルでよくふき取って乾かしてください。手指消毒用のアルコール消毒剤を使う場合も手洗い後、よく水分をふき取ってから消毒してください。
 (イラスト 政府広報ホームページより)

正しい手洗い

一人ひとりができる新型コロナウイルス感染症対策② 咳エチケット

 咳などの症状がある方は、「咳エチケット」を行ってください。「咳エチケット」は、これらの感染症を他人に感染させないために、個人が咳・くしゃみをする際に、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえることです。
(イラスト 厚生労働省ホームページより)

咳エチケット



前のページへ戻る