新型コロナウイルス 町長メッセージ(令和2年9月11日)|福島県南会津町

互いを思いやり人と自然がやさしさに包まれた安心と信頼のまち

お知らせ一覧

緊急・災害情報

南会津町トップページ健康・福祉 > 新型コロナウイルス感染症対策 > 新型コロナウイルス 町長メッセージ(令和2年9月11日)

新型コロナウイルス 町長メッセージ(令和2年9月11日)

令和2年9月11日(金)

 本日、新型コロナウイルス検査の結果、南会津町内において陽性となった患者が確認されました。町内で新型コロナウイルス感染症の患者の発生が確認されたのは、今回が初めてとなります。

 県の発表によりますと、この方は町内在住の50代男性、無職の方です。症状や経過についてですが、8月27日(木)から9月6日(日)まで別疾患で会津医療センターに入院し、9月7日(月)37.8℃の発熱があり、9月10日(木)にも37.8℃の発熱に加え、頭痛、腹痛のため受診、本日9月11日(金)PCR検査の結果、陽性であることが確認されました。
 なお、現在の状態は中等症であり、医療機関に入院中です。その他、行動歴や濃厚接触者につきましては、現在、南会津保健所において調査中です。
 罹患された方には、謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早い回復を心よりお祈り申し上げます。

 町民の皆様におかれましては、これまでも国、県からの要請や、町からのお願いなどにそれぞれ冷静に対応していただき、感染拡大の防止にご協力いただいてまいりました。
 そこで重ねてのお願いになりますが、今回の新型コロナウイルスの感染拡大は、まだまだ収束の見通しが立たない状況ですので、町民の皆様には次の3つのことを再度ご確認いただき、感染拡大の防止にご協力をお願いいたします。

  • ①首都圏などの感染が拡大している地域へ移動する場合は、改めてその必要性を慎重に判断していただきますようお願いします。
  • ②感染が拡大している地域から移動して来られた家族や知人等と一緒に過ごす場合には、屋内や家庭内であっても、マスクの着用や換気などの対策をお願いします。
  • ③発熱等の体調の異常を感じた場合には外出せず、速やかに帰国者・接触者相談センターに連絡していただくようお願いします。

 なお、新型コロナウイルスは、いつ、どこで、誰が感染してもおかしくありません。陽性となられた方やその関係者、医療従事者などに対する差別や誹謗中傷は、絶対になさらないよう切にお願いいたします。

 町としましては、町民の皆様が以前のように安心して穏やかな生活が送れますように、県や関係機関と連携を図りながら感染拡大をくい止めることに全力で取り組んでまいりますので、今後とも皆様のご理解とご協力をお願いいたします。


 令和2年9月11日

南会津町長 大宅宗吉   


記者会見記者会見


令和2年8月20日(木)

 県内において新型コロナウイルスの感染者が連日発生し、また、昨日(8月19日)、「会津管内において新型コロナウイルス感染症の陽性患者がはじめて確認された」との報道がありました。
 本町においては、「南会津町新型コロナウイルス感染対策基本方針」に基づき、感染拡大防止についてお願いしてきましたところですが、皆様のご協力により、現在のところ感染者は一人も発生していません。
 県内の新規感染者の多くは、県外との往来による感染や、その濃厚接触者の可能性が高いと考えられます。基本的な感染防止対策(手指消毒やマスク着用、大声を避ける、十分な換気など)に加え、以下について重点的な取組をお願いいたします。


お出かけするときは

 ・発熱等の症状がある場合は、都道府県をまたぐ移動や外出を控えましょう。  
 ・移動先の自治体が出す情報を確認しましょう。  
 ・3密や感染防止対策が徹底されていない施設は避け、マスクの着用などの感染防止対策を徹底しましょう。


感染が拡大している地域に移動する場合の注意事項

 ・必要性を慎重に判断しましょう。  
 ・3密や大声を出す場面、会食や宴会など感染の広がりがみられるような場所への訪問は控えましょう。  
 ・接触確認アプリの活用や移動後2週間の行動歴を記録しましょう。


家庭内でも注意

 ・感染が拡大している地域から帰省・移動した家族や友人、最近こうした地域を訪問した方等と一緒に過ごす
  場合は、屋内(家庭)等においてもマスクの着用や換気などの対策に注意しましょう。  
 ・お盆の期間中に感染リスクの高い地域に移動された、あるいは、こうした地域から御家族が帰省された後に、
  発熱等の症状があるなど体調が悪い場合は、速やかに「帰国者・接触者相談センター」へ相談してください。


思いやる気持ち、冷静な行動を

 ・感染が確認された地域では、感染された方やその家族に対する誹謗中傷やインターネット上での心ない書き
  込みなどが見受けられるようですが、不当な差別、偏見、いじめ等があってはなりません。誰もがウイルス
  には感染したくありませんが、誰にでも感染は起こりうることです。相手を思いやる気持ちを持ち、冷静な
  行動をお願いいたします。
 ・また、感染を責める雰囲気が広がってしまうと、医療受診が遅れたり感染を隠したりすることにもつながり、
  結果的に感染を拡大させてしまいます。感染した人を責めるのではなく、温かくそっと見守っていただきま
  すようお願いいたします。


 令和2年8月20日

南会津町長 大宅宗吉   


令和2年8月6日(木)

お盆を前にして、あらためて感染防止の徹底をお願いします。

 町民の皆様、事業者の皆様には、新型コロナウイルスの感染防止と社会経済活動の段階的な再開に向けて日々御協力をたまわり、心より感謝申し上げます。とりわけ、感染リスクと隣り合わせで対応いただいております医療関係者の皆様、多くの入所者、通所者を抱える介護施設等の皆様、保育所・学童保育施設の皆様におかれましては、各施設の感染防止に懸命に御努力いただいておりますこと、心から敬意を表しますとともに感謝申し上げます。
 さて、新型コロナウイルス感染症は、連日テレビや新聞等で報道されていますとおり、東京都や大都市圏を中心に再び感染が拡大しており、本町におきましても予断を許さない状況が続いております。
 8月は夏休みやお盆休みなどで県外から帰省される方、来訪される方が増えると予想されますので、町民の皆様には特に次の4点について再度ご確認いただき、あらためまして感染防止の徹底をお願いいたします。

 ・県外に移動される場合
 ・感染拡大地域からのご家族の帰省
 ・来訪者を迎える事業者様へのお願い
 ・「新しい生活様式」の実践


 詳細は 町長メッセージ(8月6日) をご覧ください。

 令和2年8月6日

南会津町長 大宅宗吉   


令和2年5月8日(金)

 町民の皆様におかれましては、日々、新型コロナウイルスの感染防止に向けて、外出の自粛や施設の休業など、様々なご協力をいただいており、心から感謝申し上げます。また、感染症対策に携わる医療従事者の皆様をはじめ、外出の自粛が続く中、町民の皆様の生活を支えていただいている事業者の皆様に対しましても深く敬意を表します。


1.町主催のイベント中止等及び公共施設の休館等について

 国では、5月4日、全国を対象とする緊急事態宣言の期間を5月31日まで延長いたしました。これに伴い、福島県においても、都道府県をまたいだ不要・不急の移動の自粛や施設の使用制限、休業要請、イベント開催自粛が継続されることになりました。
 本町においては、感染者が確認されていないものの、依然として予断を許さない状況が続いていることから、引き続き、公共施設の休館・休業を継続することといたします。


2.町独自の「事業活動支援金」について

 緊急事態宣言延長に伴い、町内の事業者の皆様には、引き続き、厳しい対応をお願いすることとなり、大変心苦しく感じています。本町といたしましては、町内事業者の皆様の事業継続を支援するため、本町独自の支援策として、制度資金等の借入に係る利子や保証料を補給する「緊急経済対策利子等補給事業」、売り上げが減少している飲食店等の家賃等の一部を補助する「商業等持続化緊急対策事業」、感染予防のための店舗改修や売り上げ回復のための取り組みに必要な経費の一部を補助する「小規模事業者等活性化事業」を5月7日から受付開始いたしました。


3.小・中学校について

 小・中学校につきましては、福島県教育委員会の要請に基づき、引き続き休業することとし、休業期間は緊急事態宣言の延長期限である5月31日までとします。その際、児童生徒の学習や心身の健康の把握や学校再開に備えるため、町教育委員会において感染予防に最大限に配慮した上で、分散登校の実施を検討して参ります。


4.町民の皆様へ

 町民の皆様には、国の専門家会議で示された「新しい生活様式」の実践にご協力いただくとともに、感染が拡大している地域との移動の自粛をされますよう強くお願いいたします。
 本町への来訪を予定されていた方におかれましては、ウイルス感染が収束し移動自粛が解除されたあかつきには、地域一丸となって心より皆様をお迎えいたします。今しばらく本町への来訪を控えていただきますようお願いいたします。


 町民の皆様には、大変なご不便、ご苦労をおかけすることになりますが、福島県や関係機関と連携を図りながら、新型コロナウイルスの感染拡大をくい止めることに全力で取り組んでまいります。自分を守ること、そして自分の大切な人を守る行動が地域社会を守ることにつながります。町民一丸となってこの困難を乗り越えていけるよう皆様のご理解とご協力をお願いいたします。


 令和2年5月8日

南会津町長 大宅宗吉   


令和2年4月28日(火)・防災無線

 現在5月6日(水)までゴールデンウィーク期間中、緊急事態宣言が発令されており、南会津町は絶対に感染者を出さない、うつさないを徹底しています。
 人ごみをさけてください。
 人と人との接触を少なくすることが重要です。
 自分と大切な家族のいのちを守りましょう。
 町民の皆さんの他地域への移動と町外からのご来町のみなさん、そしてその周囲の方々の外出の自粛を強く要請いたします。
 町民のみなさん、思いやりと信頼の下、一致団結していきましょう!



 令和2年4月28日

南会津町長 大宅宗吉   
   



令和2年4月17日(金)・防災無線


令和2年4月17日(金)

 新型コロナウイルスは、全国各地に蔓延し、特に、人口密集地域においては、拡散の勢いが急速に増しています。このことを受け、国では、4月16日に、全国に緊急事態宣言を発し、また、東京都をはじめとした13都道府県を「特定警戒都道府県」と位置づけました。福島県においても、浜通りと中通りで多数の感染者が発生し、中には集団感染が疑われるケースも起きています。
 以下の事項にご注意いただき、自分自身がウイルスに感染しないよう、また、大切な人に感染させないよう、ご理解とご協力をお願いいたします。


感染症対策の基本


 手洗い、咳エチケットを、これまで以上に徹底してください。

3つの密について


 「換気の悪い密閉空間」、「大勢いる密集場所」、「間近で会話する密接場面」の、「3つの密」を避けてください。

事業者の皆様へ


 感染症予防を徹底するとともに、発熱や咳などの症状が出ている従業員がいる場合には、出勤しないようご配慮願います。

県外への往来を控えてください


 また、対象地域にお住いのご家族や親せきなどの方々に、南会津町への移動は控えるよう、お話してください。やむを得ず、帰省や移動された方がおりましたら、2週間は自宅に留まり、外出を控えていただきますようお願いいたします。

県外から、南会津町に移住・転入される方は


 感染予防の観点から、2週間は自宅に留まり、外出を控えていただきますようお願いいたします。

医師や看護師等への感染を防ぐために


 ウイルス感染が疑われる症状が出た場合であっても、すぐに医療機関を受診するのではなく、まず、「帰国者・接触者相談センター」に電話で相談してください。

 【帰国者・接触者相談センター】
  南会津保健所 電話 (0241)63-0306
  詳しくは、こちらを参照願います。


 福島県や関係機関と連携を図りながら、新型コロナウイルスの感染拡大をくい止めることに全力で取り組んでまいります。自分を守ること、そして自分の大切な人を守る行動が地域社会を守ることにつながります。町民一丸となってこの困難を乗り越えていけるよう皆様のご協力をお願いいたします。


 令和2年4月17日

南会津町長 大宅宗吉   



前のページへ戻る