消毒液の作り方|福島県南会津町

互いを思いやり人と自然がやさしさに包まれた安心と信頼のまち

お知らせ一覧

緊急・災害情報

南会津町トップページ健康・福祉 > 新型コロナウイルス感染症対策 > 消毒液の作り方

消毒液の作り方

 家庭内や職場の身近なものを消毒するには、アルコールの他に次亜塩素酸ナトリウムも有効です。
 新型コロナウイルスの感染経路を断つために、机やドアノブなど手で触れる共有部分を消毒し、身の回りを清潔にしませんか。


用意するもの

写真
 ・塩素系漂白剤
 ・ペットボトル(500ml)
 ・ゴム手袋

作り方

①ペットボトルに塩素系漂白剤をペットボトルキャップ1杯分入れます。

  写真 写真

②ペットボトルから溢れない程度に水を入れます。

写真

③キャップを閉めて、よく振って混ぜ合わせて完成です。

写真

 ※注意
 ・塩素系漂白剤の濃度はメーカーによって異なりますので、詳細は厚生労働省HPをご参照ください。
 ・酸性の強い洗剤と混ぜると有毒なガスが発生しますのでご注意ください。


使用方法

①キッチンペーパーや雑巾などに染み込ませて使用します。

  写真

②机やドアノブなど、消毒したい部分を拭いてください。

写真

③拭いた部分を、水拭きしてください。

写真

 ※注意
 ・皮膚への刺激が強いので、手指用消毒剤として使用することはできません。
 ・使用の際には換気を十分に行ってください。
 ・次亜塩素酸ナトリウムで金属が腐食したり、変色することがありますので、金属部に使用した場合は念入りに
  水拭きしてください。


保存方法

 ・希釈したものをペットボトルで保管するときは、誤飲しないよう、容器に目立つように薬品名や濃度を記入
  しておきましょう。
 ・希釈したものは時間が経つと効果が減っていくので、アルミホイルなどで包んで光を遮り、直射日光の当た
  らない場所で保管しましょう。
 ・危険なので、子どもの手の届かないところに保管しましょう。




前のページへ戻る