子どもの予防接種|福島県南会津町

互いを思いやり人と自然がやさしさに包まれた安心と信頼のまち

お知らせ一覧

緊急・災害情報

南会津町トップページ健康・福祉 > 育児・保育子育て・母子健康診査 > 子どもの予防接種

子どもの予防接種

 赤ちゃんがお母さんからもらった免疫(病気に対する抵抗力)は、3か月くらいから自然に失われていきます。さまざまな感染症から赤ちゃんを守るために、正しい知識をもって望ましい時期に受けましょう。
 
 予防接種予診票は出生後、原則、保健師の訪問にてお渡しいたします。その予防接種予診票を使用して、対象年齢内に医療機関に予約し、接種してください。
 
 なお、対象年齢に該当しない接種の場合は全額自己負担になり、「定期予防接種」と認められません。副反応が起きた際に予防接種法上の健康被害救済制度が利用できなくなります。

定期予防接種

〇「定期予防接種」とは
 決められた接種対象年齢に受ける標準的な予防接種です。定期予防接種(子ども)は無料で受けることができ、副反応があった際に予防接種健康被害救済制度を利用できます。
 なお、以下の場合も定期予防接種と認められる場合があります。
①発熱等があり、その後接種が可能となった際に速やかに接種した時
②対象年齢内の重篤な疾病のため、医師の判断により予防接種を受けることができなかった場合

《接種方法》
①接種するワクチンについての説明書を読み、対象年齢内に福島県医師会加入の医療機関に予約をする。
②当日は、原則として保護者が付き添い、持ち物[母子手帳・予防接種予診票(※必要事項記入)・保険証]を持って、医師と相談の上、接種する。

予防接種名
(対象疾病)
区分 標準的な接種年齢(月齢)と接種間隔 接種対象年齢
(無料で接種できる年齢)
備考
ヒブ
(Hib感染症)
生後2~7月未満で開始した場合 〇初回:27日(医師が認める場合は20日)~56日の間隔をおいて3回
〇追加:初回終了後、7~13月の間1回
生後2~7月未満に開始して4回 生後2月~60月(5歳)未満 初回2回目及び3回目の接種が12月までに完了しなかった場合、接種を行わず、追加接種のみ実施することになります。
生後7~12月未満で開始した場合 〇初回:27日(医師が認める場合は20日)~56日の間隔をおいて2回
〇追加:初回終了後、7~13月の間に1回接種
生後12~60月未満に開始した場合 1回
小児用肺炎球菌
(小児の肺炎球菌感染症)
生後2~7月未満に開始した場合 〇初回:27日以上の間隔をおいて3回
※初回は、生後24月までに終了すること

〇追加:初回から60日以上の間隔をおいて1回
※追加は、生後12~15月未満までに終了すること
生後2~7月未満に開始して4回  生後2~60月(5歳)未満  初回2回目の接種が12月までに完了しなかった場合、3回目の接種を行わず、追加接種のみ実施することになります。
生後7~12月未満に開始した場合 〇初回:27日以上の間隔をおいて2回
※初回は、生後24月までに終了すること
〇追加:生後12月以降に、初回から60日以上の間隔をおいて1回
生後12~24月未満に開始した場合 60日以上の間隔をおいて2回
生後24~60月未満に開始した場合 1回
B型肝炎(B型肝炎) 生後2月から接種を開始する。
(初回終了後、27日以上の間隔で2回、
さらに、初回から139日以上を経過したのちに1回)

生後2月に達した時~生後9月に達するまで 生後1歳に至るまで 平成28年10月1日より定期化されました。
対象は、平成28年4月1日以降に出生したお子さんです。
4種混合
(ポリオ・ジフテリア・百日咳・破傷風)
1期初回 生後3月~12月未満の間に20~56日の間隔をおいて3回
生後3~90月(7歳6か月)に至るまで  
1期追加 1期初回終了後から12月~18月の間に1回
(1期初回終了後、6月以上の間隔をおく)
2種混合
( ジフテリア・破傷風)
2期 11歳中に1回 11歳~13歳未満  
BCG
(結核)
- 生後5~8月未満の間に1回 生後1歳に至るまで  
麻しん・風しん混合(麻しん・風しん)
※麻しん、風しん単独ワクチンの接種も可。
1期 生後12月~24月に至るまでの間に1回  国でも接種勧奨を強化中です。感染力が高いですので、1歳になったら、早めの接種をお勧めします。
2期 5~7歳未満で、かつ小学校就学前の1年間(4/1~3/31)に1回
水痘(水痘)
初回 生後12月~15月に至るまでの間に1回 生後12月~36月に至るまで  
追加 初回終了後、6月~12月に至るまでの間隔をおいて1回
日本脳炎(日本脳炎) 1期初回 3歳中に6日~28日の間隔をおいて2回 生後6月~90月(7歳6か月)に至るまで ※H7年4月2日~H19年4月1日生まれのお子さんは、20歳未満までいつでも接種できます。
(ただし、2期は9歳以上で接種)
※H19年4月2日~H21年10月1日生まれで、H22年3月31日までに第1期が終了していないお子さんについて、生後6月~90月または9歳以上13歳未満であれば接種できます。
1期追加 初回終了後、おおむね6月以上、標準的には1年後に1回
2期 9歳中に1回 9歳以上13歳未満
子宮頸がん
予防ワクチン
(ヒトパピローマウイルス感染症)
サーバリックス
(2価ワクチン)
1回目:0月
2回目:1月後
3回目:6月後
中学校1年生(13歳相当)の6か月間で3回 小学校6年生~高校1年生相当の女子で、小学校6年生の4/1~高校1年生の3/31までの期間 ※3回とも同一のワクチンを接種してください。
※現在、積極的勧奨を控えています。
ガーダシル
(4価ワクチン)
1回目:0月
2回目:2月後
3回目:6月後
※1 福島県医師会に加入している医療機関で接種した場合は手続きの必要はありません。(医療機関が町に請求します。)
※2 福島県医師会に未加入の医療機関で接種した場合は、接種した日から2か月以内に、健康福祉課健康増進係・各総合支所で手続きすると料金が一定額戻ります。下記の①~④を窓口までお持ちください。
 対象年齢に該当しない接種の場合は、費用は全額自己負担となります。
 ご不明な点は健康福祉課健康増進係、または各総合支所町民課までお問い合わせください。

 ①領収証
 ②接種を証明するもの(母子手帳または接種済み証など)
 ③印鑑
 ④振込先の通帳(申請者名義のもの)

任意予防接種

予防接種名
(対象疾病)
区分 接種対象者 備考
季節性インフルエンザ 当該年度1回

町の助成額
:2,000円(1人1回限り)
※医療機関によって自己負担額が変わります。
平成30年度対象者
 平成15年4月2日~平成29年12月31日
接種期間
 当該年度11月1日~翌年1月31日
※1 南会津郡内医療機関で受けた場合、各医療機関の窓口にて、助成額を差し引いて接種金額(一部自己負担金)が請求されます。
※2 南会津郡内医療機関以外で受けた場合、医療機関で定める接種金額(全額)を支払った後、助成金の申請手続きが必要です。接種した日から2か月以内に、健康福祉課健康増進係・各総合支所で手続きすると料金が一定額戻ります。下記の①~④を窓口までお持ちください。
 対象年齢に該当しない接種の場合は、費用は全額自己負担となります。
 ご不明な点は健康福祉課健康増進係、または各総合支所町民課までお問い合わせください。

 ①領収証
 ②接種を証明するもの(母子手帳または接種済み証など)
 ③印鑑
 ④振込先の通帳(申請者名義のもの)

予防接種を受けるときのお願い

  (1)予診票を記入して持参する。
  (2)母子健康手帳を持参する。
  (3)必ず保護者が同伴する。
  ※予約などの詳細については、直接、医療機関へお問い合わせください。

子どもの予防接種に関する問い合わせ先

 健康福祉課健康増進係 0241-62-6170
 舘岩総合支所町民課  0241-78-3325
 伊南総合支所町民課  0241-76-7713
 南郷総合支所町民課  0241-72-2225

前のページへ戻る