祗園祭について

会津田島祇園祭について

歴史

 会津田島祇園祭は、鎌倉時代の文治年間(1185年頃)、時の領主長沼宗政の祇園信仰により、この地に祇園の神(牛頭天皇須佐之男命)を居城鎮護の神としてまつり、祇園祭の制を定め、旧来よりの田島鎮守の田出宇賀神社の祭りと共に行われた事が起源とされています。この祭りは古くより『西の祇園社、中の津島社、東の田出宇賀社』と言われ日本三大祇園祭の一つと称し伝えられています。
 明治12年より田出宇賀神社の祇園祭日に併せ、隣地にまつる熊野神社祭礼を祇園祭の格例に準じて行うことが定められました。
 祭りの賄い献立にふきを多く使用することから、俗に「富貴祭=ふきまつり」とも呼ばれています。また御神酒に濁酒を使用することから「どぶろく祭り」、屋台の運行が激しいことから「けんか祭り」とも呼ばれます。

続きを表示

お党屋制度(国指定重要無形民俗文化財)

 会津田島祇園祭は、お党屋制度とよばれる現在9組の当番お党屋組が、1年間党本の家を支えて祭事を担当する制度によって運営されています。当番お党屋組を中心に、去年のお党屋組「渡し」と、来年のお党屋組の「請取り」3組が織り成す祇園祭は1年がかりの大行事です。この820余年の伝統が、昭和56年に国の重要無形民俗文化財に指定されました。

7月22日 宵祭

神事

 神社での例大祭の後、本陣(当番お党屋本)にて夕御饌神事が行われます。

屋台運行

 夕方からの呼び物は大屋台。大勢の子供たちを乗せ、祇園囃子を奏でます。子供歌舞伎の上演とともに、町内を押し歩いてゆきます。

7月23日 本祭

榊迎え

 夜が明けないうちに、渡御神輿台に取り付ける榊となる楢の若木を党本へ迎えます。来年のお党屋組がこの役にあたります。

続きを表示

神輿洗い

 渡しと請取りのお党屋組が裃姿で、社殿から二台の神輿を出し、清水でもって拭き清めます。

七度の使い

 裃姿に草履履きで手水を使い、社頭にて参拝を6度繰返し、7度目は本陣に戻り、七行器行列の先頭で参向し、お党屋への御神幸を願う最高の尊者として参拝します。

七行器行列

 七行器は「ナナホカイ」と呼び、7つの器のことを言います。7つの行器に濁酒の御神酒・赤飯・鯖を盛りおさめ、お党屋組中両親持ちの男女がこれを奉持して奉献する神事であり、祭礼中の重儀(最高の儀式)として奉仕されます。
 早朝(7時50分ごろ)当番お党屋組本陣を出発します。選ばれた行器の奉持者を始め、その介添として親戚縁者。男子は裃着白緒草履、婦人既婚者は丸髷、未婚者は島田髷を結い、江戸褄、その外晴着盛装をし、七度の使いを先頭に警固(氏子総代)・神馬・行器の奉持者・介添・氏子総代・当番お党屋組員、外親類縁者共に恒例百余名の行列となります。
 七行器行列は、田出宇賀神社への奉献神事ですが、現行は熊野神社への奉献行列も続き、行器は3つを加え十行器を数えます。

お仕度触れ

 波に千鳥模様の裂羽織、5色の襷掛け、中には派手模様の単浴衣、女帯を前結び、頭へ1枚板の冠を載せ太紐で結わえ、右手に赤房付の軍配を持ち、草履履きでの出で立ちで、歌舞伎の六方を踏む様な大仰な身振りと共に「お仕度触れ」と「お立触れ」とを大声で触れ歩きます。

神輿発輿

 発輿に先立ち「神輿祓式」「神輿遷座式」が行われ、午前10時頃出立のお神輿の巡幸を迎える。明治中頃まで行われていた大名行列が描かれた田出宇賀神社神輿渡御の古図(江戸時代の版画)が残っています。

保露花

 神輿渡御に供奉する保露武者から授かる保露花と呼ばれる造花。古くは保露花を煎じて飲むと疫病除けになると言われ、現在でもこれを縁起物とする風習が残っています。

盛砂

 当番お党屋組境にてお神輿を出迎える。「盛砂」を撒き清めながら本陣前へ先導します。

神輿奉遷

 当番お党屋組本陣の前庭に奉遷します。

神輿前神事

 本陣前庭のお神輿前にて、前後のお党屋組、当番お党屋組、党本は夫婦揃って参列し神事を行います。

神橋

 神輿前神事後、神橋を渡り本陣神棚前へ参入します。神棚拝礼後、童子によるお手掛、お茶、煙草盆の接待を受けます。

御鉢米神事

 「請取渡し」とも言われ、3組党本は夫婦揃って参列し、卜占と予祝神楽の御鉢米を撤じ、拝辞を奉上し神事を行います。

町内諸掛御使いの事

 町内の警固および諸準備整いたる旨のお使いがあり、古くより代々「本家笹屋渡部家」がこの役に当たります。この使いの後、お神輿の巡幸となります。

御旅所・力杖休御

 現在は、御旅所が5箇所、力杖休御が1箇所となります。
 東町御旅所「室井家」では、泥鰌汁での接待を、中町力杖休御「黒川家」では屋敷前庭にての祓いを慣例とします。

屋台運行

 田島の大屋台は、子供歌舞伎の移動舞台で、前半分が舞台、後半分が楽屋となっており、芸場(歌舞伎を披露する家の前)への順回路をめぐって、世話人同士のかけひきが続きます。舞台は軌道修正を繰り返しながら「オーンサンヤレカケロ」の子どもたちの声援を受けて、屋台をひき回します。
 興は乗って古来のけんか屋台をしのばせ、祭りの雰囲気を盛り立てます。

祇園太鼓

 祇園絵巻の幕開けを告げる華やかな演奏です。

7月24日 太々御神楽祭

帰座ノ神事

 「お棚こわし」とも言い、党本の神棚を取り払います。

諸道具引譲り

 帰座ノ神事終わりて、来年のお党屋へ使いをなし、諸道具一切を譲り渡します。

続きを表示

御幣奉鎮ノ神事

 党本持参の神幣を本殿内に奉鎮し、祇園祭成就奉賽神事を行います。

太々御神楽奉奏

 祇園祭の後祭は午後1時に、神楽殿にて始められる氏子の楽人により継承される田出宇賀神社一社相伝の出雲流太々御神楽、天地開闢・鎮悪神・岩戸開など13座の神舞の奉奏を以って終了となります。

一年の行事

1月中旬 御党屋御千度

 わらじ履きのお党屋男衆が、鎮守の森で参道の手水舎と拝殿を幾度となく往復し、身を清めていくお千度参りを行います。さらに神社宮司宅で豪快な御神酒1升の大杯回しが行われます。弓張提灯の家人に迎えられ、天王さま道と呼ばれる参道を帰る様は、田島地区の正月の風物詩です。

続きを表示

6月30日 大祓いの式

 お党屋組の潔斎前のお祓いです。

7月 7日 参道掃除

 氏子全戸より参加します。

7月 7日 お党屋しめ縄張り

 この日より、喪家への出入りや肉と卵などの食用を慎みます。

7月 7日 夜詣り

 田出宇賀神社にて高燈籠、祭礼旗2本を建て、参道両側へ行燈百余基を建て電灯をともします。宮司もこの日より潔斎入りし、毎夕に祈祷神事を行います。

7月上旬 御神酒仕込み

 神事用濁酒を(「国権酒造株式会社」の杜氏の指導をうけ)当番お党屋が社殿で仕込みをします。

7月15日 鳥居しめ縄より

 ご祈祷所にて行います。

7月中頃 道づくり

 参道の清掃、整備を来年お党屋が行います。

7月中頃 蕗採り

 お党屋献立のふきをとります。同じく賄い用「あかざ」の葉、「山椒」、「蓼」なども準備されます。

7月中頃 盛砂運び

 神輿渡御の際に撒き清める砂を採ります。

7月20日 ご神橋架け

 当番お党屋組本陣前に神礼を奉持して渡る土橋を、古例により架けます。

7月20日 諸道具出し

 神輿台作りなど、祭りすべての準備を行います。

7月21日 御神酒開き

 両社本殿内にお神酒を奉献します。

7月21日 神棚つり

 お党屋本で本陣の神棚を設け、降神式をして神酒を供えます。

7月21日 党本幕打ち

 お党屋本に本陣幕を張ります。田出宇賀神社は胡瓜の「瓜の紋」、熊野神社は「三ツ巴」の紋です。
 田出宇賀神社には胡瓜の禁忌があり、1年を通し胡瓜を食べない定めがあります。