国指定重要無形民俗文化財

会津田島祇園祭


 
 
 

田島祇園祭の由来

 今から約800年以上の昔、鎌倉時代の 文治年間(ぶんじねんかん)に、この地方を治めることになった長沼五郎宗政(ごろうむねまさ)が、旧地で信仰の厚かった 牛頭天王(ごずてんのう)須佐之男(すさのお) (みこと) を奉 (さい)し、 天王社(てんのうしゃ)として祭ったことが始まりで、その後、今から400年前の慶長8年に、領主長沼盛実が京都八坂神社に準じた祭礼格礼を取り入れ、「祭の決まり」を定めて、現在の祇園祭に至ったとされています。 
  祇園信仰は疫病から守ってもらう祈りや、自分たちの元にこないように祓ってもらう信仰です。
  伊達政宗が会津を支配した時代に、一時、祭は出来なくなりましたが、祭礼を定めた慶長8年に住民が当時の城代(じょうだい) 小倉作(おぐらさく)()衛門(えもん)にお願いして、祭が再興されました。当時は、天王祭と呼んで6月15日に行われていたようです。
  明治4年、天王社は田出宇賀神社に合祀となり、田出宇賀神社例祭が祇園祭と合併の祭日となりました。
 更には熊野神社の例祭日が明治12年に同一日になるなど、様々な改変を重ねてきましたが、祇園祭の伝統は、牛頭天王奉鎮以来の社家である現宮司室井家により、脈々と今に伝わり、その礼式が保持されています。
  このように、現在の祭礼の形態は幾多(いくた)変遷(へんせん)を重ねてきていますが、慶長の復興願いの「しきたり」が基本となっているといわれています。
 

お党屋制度

 田島祇園祭は、お党屋制度と呼ばれる現在12組のお党屋組が、1年神主の党本の家を支えて、祭事を担当する制度によって運営されています。
 13年目に巡ってくる当番お党屋を中心とし、前年のお党屋組「渡し」と、翌年のお党屋組の3組が織り成す祇園祭は、1年がかりの大行事です。
 この800余年の伝統があり、会津田島祇園祭は昭和56年、国の重要無形民俗文化財に指定されました。
 
 

行事のタイムスケジュール

7月22日 宵祭
  ◆オープニングセレモニー ◇正午
  ◆江戸下町職人展 ◇正午〜午後10時30分頃
  ◆子供歌舞伎通し上演(予定) ◇午後1時前後
子供歌舞伎屋台上演 ◇午後4時〜午後10時30分頃
大屋台運行 ◇午後4時〜午後10時30分頃
   
7月23日 本祭
  ◆七度の使い ◇午前7時頃
七行器行列 ◇午前7時50分〜午前8時30分頃
  ◆江戸下町職人展 ◇午前8時〜午後11時頃
神輿渡御〜還御 ◇午前10時30分〜午後2時頃
子供歌舞伎屋台上演 ◇午後4時〜午後11時頃
大屋台運行 ◇午後4時〜午後11時頃
 
7月24日 太々御神楽祭
太々御神楽 ◇午後1時〜午後3時
 


※印は催し詳細ページへジャンプします。
 
 


南会津町商工観光課

〒967-0004 福島県南会津郡南会津町田島字後原甲3531番地1  TEL 0241-62-6200
■お問い合わせ e-mail: info@minamiaizu.org

Copyright (C) 2006 MinamiaizuTown All rights reserved.
当サイトに掲載されている画像・文章・イラストなどの無断転載を禁じます。