堆肥に含まれる放射性セシウム検査の結果について|福島県南会津町

互いを思いやり人と自然がやさしさに包まれた安心と信頼のまち

お知らせ一覧

緊急・災害情報

南会津町トップページ行政情報 > 東日本大震災関連情報 > 堆肥に含まれる放射性セシウム検査の結果について

堆肥に含まれる放射性セシウム検査の結果について

福島県で実施している南会津町内の堆肥の安全性を確認するため、放射性セシウムの分析を行い出荷・施用の可否について検査しています。
 南会津町の調査結果については、下記のとおり国で設定した暫定許容値以下の数値でした。

堆肥の種類
検査地域
検査月日
検査結果(Bq/kg)*1
備 考
牛ふん堆肥
田島地域(藤生)
H23.9.16
ND
出荷・施用が可能
牛ふん堆肥
田島地域(丹藤)
H23.9.16
200
出荷・施用が可能
牛ふん堆肥
南郷地域(大橋)
H23.9.16
70
出荷・施用が可能
牛ふん堆肥
田島地域(丹藤)
H23.12.16
500
自粛要請
牛ふん堆肥
南郷地域(大橋)
H23.12.16
ND
出荷・施用が可能
※ *1 放射性セシウム134と137の合計
※ 国が設定した肥料中に含まれる放射性セシウムの暫定許容値  400(Bq/kg)
※ 分析機関 … (独)農林水産消費安全技術センター
※ 測定結果欄の「ND」は、測定値が検出下限を下回っているため「Not Detected(不検出)」と記載


前のページへ戻る