土壌の放射線モニタリング (プルトニウム)調査結果について|福島県南会津町

互いを思いやり人と自然がやさしさに包まれた安心と信頼のまち

お知らせ一覧

緊急・災害情報

南会津町トップページ行政情報 > 東日本大震災関連情報 > 土壌の放射線モニタリング (プルトニウム)調査結果について

土壌の放射線モニタリング (プルトニウム)調査結果について

土壌の放射線モニタリング (プルトニウム)調査結果(9月15日~16日調査分)

調査地点
採取月日
Pu-239+240
Pu-238
[Pu-238]/
[Pu-239+240]
濃度1
[Bq/㎡]
検出下限値
[Bq/㎡]
濃度
[Bq/kg乾土]
検出下限値
[Bq/kg乾土]
濃度
[Bq/㎡]
検出下限値
[Bq/㎡]
濃度
[Bq/kg乾土]
検出下限値
[Bq/kg乾土]
うさぎの森キャンプ場
(古今)
2011.9.16
2.39E+01
 
7.10E-01
 
1.27E+00
 
3.77E-02
 
0.0532
馬場公園
(田部)
2011.9.16
3.07E+01
 
9.95E-01
 
未検出
9.01E-01
未検出
2.92E-02
照国寺
(古町)
2011.9.15
2.86E+00
 
6.39E-02
 
未検出
8.86E-01
未検出
1.98E-02
たかつえスキー場入口
(井桁)
2011.9.16
未検出
7.43E-01
未検出
2.08E-02
未検出
8.92E-01
未検出
2.50E-02
大泉寺
(和泉田)
2011.9.15
4.99E+01
 
1.53E+00
 
1.12E+00
 
3.43E-02
 
0.0224


県の調査結果によると南会津町内では、プルトニウム238とプルトニウム239+240の比率が事故発生前の全国平均(0.0261)とほぼ同程度の比率であったことから、事故の影響によるものではないと考えられております。


前のページへ戻る