飼料作物等の放射性物質モニタリング検査と放牧について|福島県南会津町

互いを思いやり人と自然がやさしさに包まれた安心と信頼のまち

お知らせ一覧

緊急・災害情報

南会津町トップページ行政情報 > 東日本大震災関連情報 > 飼料作物等の放射性物質モニタリング検査と放牧について

飼料作物等の放射性物質モニタリング検査と放牧について

牧草・飼料作物等の安全性を確認するため、福島県で調査しているモニタリング検査の結果(南会津町内)についてお知らせします。
 過去の検査結果については、 こちら をご覧ください。

採取日
資料の種類
測定結果
セシウム-134
(Bq/kg)
セシウム-137
(Bq/kg)
合算値
(Bq/kg)
2012.6.6
野草(青刈利用)
検出せず(<14)
検出せず(<12)
永年生牧草
(サイレージ・乾燥利用)
検出せず(<12)
4
4
永年生牧草
(サイレージ・乾燥利用)
検出せず(<9.3)
検出せず(<13)
2012.6.7
野草(青刈利用)
検出せず(<16)
検出せず(<12)
2012.6.19
永年生牧草
(サイレージ・乾燥利用)
検出せず(<17)
検出せず(<13)
永年生牧草
(サイレージ・乾燥利用)
検出せず(<14)
検出せず(<13)
永年生牧草
(サイレージ・乾燥利用)
検出せず(<13)
検出せず(<12)
2012.10.24
稲わら(その他の区域)
検出せず(<19)
検出せず(<17)
稲わら(その他の区域)
検出せず(<19)
検出せず(<14)
稲わら(その他の区域)
検出せず(<16)
検出せず(<13)
2012.11.6
稲わら(その他の区域)
検出せず(<14)
検出せず(<16)
稲わら(その他の区域)
検出せず(<14)
検出せず(<13)

※粗飼料の暫定許容値は水分80%で設定されているため、水分80%の値に補正した。 

【参考】飼料中の放射性セシウム暫定許容値
 牛、馬  100ベクレル(1kg当たりの最大値(水分含量8割ベース))


前のページへ戻る