平成28年度住宅用太陽光発電システム設置費補助金制度|福島県南会津町

互いを思いやり人と自然がやさしさに包まれた安心と信頼のまち

お知らせ一覧

緊急・災害情報

南会津町トップページ行政情報 > その他 > 平成28年度住宅用太陽光発電システム設置費補助金制度

平成28年度住宅用太陽光発電システム設置費補助金制度

 平成28年度住宅用太陽光発電システム設置費補助を開始しました。

 町では、地球温暖化防止対策の一環として住宅用太陽光発電システムを設置する町内のみなさんへ設置費用の補助を行っています。是非ご活用ください。

※県(福島県再生可能エネルギー推進センター)の補助制度との併用が可能です。

補助の対象となる方

 次の要件を満たす方が対象となります。なお、既に設置済の太陽光発電システムは対象となりませんので、ご注意ください。
 
■町内の住宅等(自ら居住する住宅で、店舗等の併用住宅を含みます。)に新たに太陽光発電システムを設置し、電力会社と電灯契約を締結する方。
■町税を完納している方。

補助の対象となるシステム

■住宅の屋根等に設置した太陽電池による発電施設であって、低圧配電線と逆潮流有りで連系し、太陽電池モジュール、架台、接続箱、直流側開閉器、インバータ及び保護装置等で構成されたものをいい、かつ、太陽電池の最大出力(※1)の合計値が10kw未満のものであること。

※1  対象システムを構成する太陽電池モジュールの公称最大出力(日本工業規格に規定されている太陽電池モジュールの公称最大出力。なお、日本工業規格を基準としているが、IEC等の国際規格も可とする。)の合計値


■未使用品であること。

 

補助金額

 補助対象システムの最大出力(単位はkW。小数点以下3位を四捨五入して得た値とする。ただし、出力が4kWを超えるシステムについては4kWを上限とする。)に1万5千円を乗じた額(千円未満は切り捨て)となります。なお、6万円を限度額とし、予算の範囲内での補助となります。
 

申込方法

申込方法は次のとおりです。

補助金交付申請書(様式第1号)に次の書類を添えて提出します。
  • システムを設置しようとする住宅の位置図
  • システムを設置しようとする場所の工事着手前の写真
  • システムの設置に要する費用の内訳が記載されている工事請負契約書の写し、または見積書の写し
  • 設置するシステムの仕様のわかる書類
  • 町税を滞納していないことを証した納税証明書
  • その他町長が必要と認める書類
補助金の交付が決定すると、補助金交付決定通知書(様式第2号)が交付されます。
補助金交付決定通知書を受け取ったら、通知書に記載された補助金交付決定年月日から起算して2ヶ月以内に補助金工事着工届を提出します。
工事完了の日から起算して、14日以内または交付決定の日の属する年度の3月20日の いずれか早い日までに、実績報告書兼工事完了報告書と補助金交付請求書に次の書類を添えて提出します。
  • システムの設置状況を確認することができる写真
  • 対象システムの設置費に係る領収書の写し
  • 電力会社との電力受給契約書の写し
  • 電力会社に提出した「系統連係・余剰電力売電申込書」に付属の「逆変換(低圧)様式1『1.単線結線図』」の写し
  • 竣工検査の試験記録書の写し
  • その他町長が必要と認める書類
書類審査後、指定の口座に補助金が振り込まれます。
 〔注意事項〕
○町へ補助金交付申請書を提出した後、補助金交付決定を受けてから工事を開始してください。
○平成29年3月10日までに工事を完了することが条件となります。

お申込・受付について

  1. お申込は先着順になります。(郵送による提出は不可とします。)
  2. お申込の受付は、本庁(環境水道課)及び各総合支所(振興課)で随時受け付けています。

    詳しくは「南会津町役場 環境水道課 環境衛生係」までお問い合せください。

    TEL 0241-62-6140  FAX 0241-62-1288



前のページへ戻る