農地取得における下限面積変更のお知らせ|福島県南会津町

互いを思いやり人と自然がやさしさに包まれた安心と信頼のまち

お知らせ一覧

緊急・災害情報

南会津町トップページ行政情報 > 農業・農地 > 農地取得における下限面積変更のお知らせ

農地取得における下限面積変更のお知らせ

 耕作のために農地の所有権等の権利を取得しようとする場合、農地法第3条の許可が必要で、その許可要件の一つに「経営農地の下限面積要件」が定められています。 (農地法第3条第2項第5号)

 下限面積要件とは、経営面積があまりに小さいと生産性が低く、農業経営が効率的かつ安定的に継続して行われないことが想定されることから、許可後に経営する農地面積が一定以上にならないと許可できないとするものです。

 下限面積は、法律で50アールと定められていますが、市町村の区域の状況によっては省令に基づいて、50アール以下の別段の面積を定めることができます。

 南会津町農業委員会では、これまで舘岩地域の下限面積を30アールと設定してきましたが、今年度、下限面積について審議した結果、次のように変更することを決定しました。

設定区域 下限面積 省令適用条項
南会津町全域 農用地区域の農地 30アール 17条第1項
農用地区域以外の農地 1平方メートル 17条第2項

 農用地区域以外の農地については下限面積を1平方メートルとすることで、空き家に付随した農地や不在者が相続した農地などについて、新規就農者や小規模耕作者が取得しやすくなると見込まれ、それにより遊休農地化を防ぎ、地域の農地が適正に管理されていくことを目的としています。

 農地法第3条の許可要件としては、上記のほか、

  1. 全部効率利用要件 (機械、労働力、技術)
  2. 農作業に常時従事要件 (年間150日以上を基本)
  3. 地域との調和要件 (地区での共同作業など)

 を満たす必要があります。

 詳しくは、農業委員会事務局にお問い合わせください。

お問い合わせ

 農業委員会事務局 0241-62-6320


前のページへ戻る