ひめさゆりについて|南郷ひめさゆりガイド

ひめさゆりについて

ひめさゆりについて

2013年05月20日

ひめさゆりひめさゆり

ひめさゆり

ひめさゆりは、福島、新潟、宮城、山形県の県境付近の深山に自生する日本固有のユリ科の植物です。一般にはオトメユリとも呼ばれますが、当地域ではひめさゆりの名で親しまれております。
 

ひめさゆりの開花時期

高清水自然公園のひめさゆりは、例年6月中旬以降に開花が始まります。 最盛期は例年6月25日辺りの前後3日程度が目安で、7月上旬前半にはほぼ開花を終えます。
冬の積雪量や春以降の気候等により、初開花や満開時期が若干前後したり、全体の開花期間に長短がありますので、 開花状況は6月初旬頃に下記までお問合せください。 
 
[お問い合わせ]
  • 高清水自然公園管理棟「森の家」     電話 0241‐73‐2115
  • 道の駅きらら289           電話 0241‐71‐1289
  • 南会津町観光物産協会 南郷観光センター 電話 0241‐64‐5811
  • 南会津町南郷総合支所 振興課      電話 0241‐72‐2900

繁殖と成長

ひめさゆりは種で繁殖します。
秋に地面に落ちた種が土中に入り、翌年根が生えて小さな球根をつけます。
3年目の春、一片の葉が地表に表れ、翌年その葉が大きくなり、日光を浴びて球根に養分を蓄えます。
5年目、茎を伸ばし葉も2~3枚に増え、さらに球根が成長します。
6年目には葉が5~6枚に増え、ようやく1輪の花をつけます。
そしてその翌年からは球根の成長に伴い、1年に1輪ずつ花を増やし続けます。

ひめさゆりとワラビについて

群生地内に繁茂しているワラビは、ひめさゆりと共生しています。
しなやかで強靭に伸びたワラビは、ひめさゆりの間隙に密生し、葉で適度な日陰をつくり地温の上昇を防ぎ、茎で強風を和らげると考えられます。ワラビの根は、ひめさゆりの球根をねずみやモグラの食害から守っています。ひめさゆり同様、ワラビの採取も禁止しています。