【高清水自然公園】ひめさゆり開花情報【H28.6.15】|南郷ひめさゆりガイド

見頃情報

【高清水自然公園】ひめさゆり開花情報【H28.6.15】

2016年06月15日

群生地全体で今年の開花のピーク、今が「満開」となっています。
特に、群生地入口や中央通路、右斜面などが満開で、今が写真撮影には最良のチャンスとなります。
なお、左斜面のエリアは、最初に咲いた花が開花を終了しつつあり、開花の下り坂へと入ってまいりました。
群生地は、今週末までが見頃となり、以後、開花を終えた花が目立ち始めますので、お早めのお越しをおすすめいたします。
高清水自然公園ひめさゆり群生地は、本日が見頃のピークとなっています。高清水自然公園ひめさゆり群生地は、本日が見頃のピークとなっています。
本日もたくさんのご来園をいただきました。ありがとうございました。本日もたくさんのご来園をいただきました。ありがとうございました。
中央通路から右斜面にかけて、近年では最も咲きそろっているように感じます。中央通路から右斜面にかけて、近年では最も咲きそろっているように感じます。
右斜面林の方に向けての開花の様子です。右斜面林の方に向けての開花の様子です。
本日は、曇り空に晴れ間が交じる天候となりました。本日は、曇り空に晴れ間が交じる天候となりました。
写真愛好家の方も多く来場いただきました。写真愛好家の方も多く来場いただきました。
群生地中央部から、入口に向けての景観です。群生地中央部から、入口に向けての景観です。
人気スポットからの景観です。高原の白樺が景観に絶妙なアクセントを添えます。人気スポットからの景観です。高原の白樺が景観に絶妙なアクセントを添えます。
左斜面は、周囲の草丈が伸び、また、開花を終えた花が増え始めています。左斜面は、周囲の草丈が伸び、また、開花を終えた花が増え始めています。
中央部木陰での開花の様子です。中央部木陰での開花の様子です。
今年は、群生地奥でもひめさゆりが咲きそろいました。現地スタッフ・ボランティアの方々の力によるものです。今年は、群生地奥でもひめさゆりが咲きそろいました。現地スタッフ・ボランティアの方々の力によるものです。
かつて集落の人々のカヤ刈り場として利用されてきたことにより、現在の群生地があり、人々との共生環境を保つことが保全につながります。かつて集落の人々のカヤ刈り場として利用されてきたことにより、現在の群生地があり、人々との共生環境を保つことが保全につながります。
この群生地は、写真のように谷間のような地形に広がっており、会津の山間地ならではの景観が楽しめます。この群生地は、写真のように谷間のような地形に広がっており、会津の山間地ならではの景観が楽しめます。
右斜面林の下での開花の様子です。まだまだ、開花したばかりの花が楽しめます。右斜面林の下での開花の様子です。まだまだ、開花したばかりの花が楽しめます。
右斜面から入口に向けての景観です。右斜面から入口に向けての景観です。
右斜面林の下での開花の様子です。右斜面林の下での開花の様子です。
右斜面頂上付近でもほぼ満開となっています。右斜面頂上付近でもほぼ満開となっています。
右斜面頂上からの景観です。右斜面頂上からの景観です。
写真右端が右斜面頂上へ向かう木道との分岐点です。写真右端が右斜面頂上へ向かう木道との分岐点です。
右斜面中腹から頂上へ向けての景観です。こちらも満開となっています。右斜面中腹から頂上へ向けての景観です。こちらも満開となっています。
右斜面中腹での様子です。ひめさゆりは、より強い日差しの方を向いて開花します。右斜面中腹での様子です。ひめさゆりは、より強い日差しの方を向いて開花します。