【高清水自然公園】ひめさゆり開花情報【H28.6.23】|南郷ひめさゆりガイド

見頃情報

【高清水自然公園】ひめさゆり開花情報【H28.6.23】

2016年06月23日

本日、雨天となったこともあり、群生地全体で花影の減少が進んでおり、美しいスポットも、美しい花も限定的となってまいりました。

今年の高清水自然公園ひめさゆり群生地の開園は、6月29日(水)までとなりますが、できるだけ早いお越しをおすすめいたします。
入口付近の様子です。受粉が済み、雨に打たれた花から開花を終えてきています。入口付近の様子です。受粉が済み、雨に打たれた花から開花を終えてきています。
中央通路右側の様子です。開花を終えた花が増えつつあるのが判ります。中央通路右側の様子です。開花を終えた花が増えつつあるのが判ります。
風雨に耐えなんとかがんばっているように見えます。風雨に耐えなんとかがんばっているように見えます。
つぼみや開花したての花も、ごくまれに見られました。つぼみや開花したての花も、ごくまれに見られました。
写真左下は、撮影の人気スポットだった場所の様子です。花も少なく、また、雨の中たくさんのご来園をいただきました。写真左下は、撮影の人気スポットだった場所の様子です。花も少なく、また、雨の中たくさんのご来園をいただきました。
左斜面は、ほぼ開花を終え、また、周辺のワラビも伸びており、既に花の時期を終えつつあります。左斜面は、ほぼ開花を終え、また、周辺のワラビも伸びており、既に花の時期を終えつつあります。
群生地奥でもワラビの成長が進んでいます。群生地奥でもワラビの成長が進んでいます。
自然の営みの中、僅かな期間だけ観ることができるからこそ、より美しいのかもしれません。自然の営みの中、僅かな期間だけ観ることができるからこそ、より美しいのかもしれません。
開花を終え、秋にかけて種子へと成熟してきます。開花を終え、秋にかけて種子へと成熟してきます。
右斜面では、まだまだ、美しい花を見がれます。右斜面では、まだまだ、美しい花を見がれます。
右斜面から中央通路への景観ですが、花影の減少が感じられます。右斜面から中央通路への景観ですが、花影の減少が感じられます。
右斜面林の下では、開花して時間が経過した花が大部分となっています。右斜面林の下では、開花して時間が経過した花が大部分となっています。
このように、開花したばかりの花は珍しくなってきております。このように、開花したばかりの花は珍しくなってきております。
右斜面頂上へと抜ける階段での状況です。右斜面頂上へと抜ける階段での状況です。
右斜面中腹での状況です。右斜面中腹での状況です。
右斜面中腹から林に向けての様子です。右斜面中腹から林に向けての様子です。
右斜面頂上からの下り階段付近の様子です。右斜面頂上からの下り階段付近の様子です。
つぼみも見られますが、雨による傷みも進みつつあります。つぼみも見られますが、雨による傷みも進みつつあります。