【高清水自然公園】ひめさゆり開花情報【H28.6.26】|南郷ひめさゆりガイド

見頃情報

【高清水自然公園】ひめさゆり開花情報【H28.6.26】

2016年06月26日

群生地全体で、開花の終了が進んでおり、見どころも、中央通路右側や右斜面の一部となって参りました。
開花の終了が進んでいることから、6月24日より、群生地の入園料は無料とさせていただいております。
 
今年、高清水自然公園ひめさゆり群生地は、6月29日(水)が開園最終日となりますが、お早めのお越しをおすすめいたします。
群生地入口からの景観です。競うように咲いていた花々もほとんど見られなくなりつつあります。群生地入口からの景観です。競うように咲いていた花々もほとんど見られなくなりつつあります。
沢山の花々が見られた中央通路右側の花もだいぶ少なくなってきております。沢山の花々が見られた中央通路右側の花もだいぶ少なくなってきております。
今年、この色を見られる時間も残りあと僅かとなってまいりました。今年、この色を見られる時間も残りあと僅かとなってまいりました。
受粉により、花から子実へと生育が進みます。受粉により、花から子実へと生育が進みます。
右斜面の様子です。なんとか持ちこたえてもらっているように見えます。右斜面の様子です。なんとか持ちこたえてもらっているように見えます。
本日は、若干の晴れ間も見えましたが、肌寒い1日となりました。本日は、若干の晴れ間も見えましたが、肌寒い1日となりました。
右斜面奥の様子です。右斜面奥の様子です。
右斜面林の下でもだいぶ開花が終了しています。右斜面林の下でもだいぶ開花が終了しています。
群生地は、集落の里山として、人々との共生のなかで環境が保たれているもので、植物は全て自生しています。群生地は、集落の里山として、人々との共生のなかで環境が保たれているもので、植物は全て自生しています。
開花を終えるまで残りあと僅かです。開花を終えるまで残りあと僅かです。
昨日と同じような構図ですが、こちらは右斜面頂上に向かう通路での様子です。こちらは、ワラビなどの繁茂が進みつつあります。昨日と同じような構図ですが、こちらは右斜面頂上に向かう通路での様子です。こちらは、ワラビなどの繁茂が進みつつあります。
右斜面頂上でも開花がだいぶ終了しております。右斜面頂上でも開花がだいぶ終了しております。
以下右斜面中腹での様子です。以下右斜面中腹での様子です。
開花を終えつつありますが、周囲の草丈の伸びにより、花が見えにくくもなっております。開花を終えつつありますが、周囲の草丈の伸びにより、花が見えにくくもなっております。
開花を終えつつありますがなおも美しさが残ります。開花を終えつつありますがなおも美しさが残ります。
去りゆく時間が偲ばれます。去りゆく時間が偲ばれます。
生命の営みの瞬間といったところでしょうか。生命の営みの瞬間といったところでしょうか。
今年の群生地は、間もなく閉園です。ご来園をお考えの方は、お早めのお越しをおすすめいたします。今年の群生地は、間もなく閉園です。ご来園をお考えの方は、お早めのお越しをおすすめいたします。