【高清水自然公園】ひめさゆり開花情報【H28.6.27】|南郷ひめさゆりガイド

見頃情報

【高清水自然公園】ひめさゆり開花情報【H28.6.27】

2016年06月27日

群生地全体で、開花の終盤となっています。
花影が日々急激に減少しており、かろうじて花が見られる場所も、中央通路や右斜面の一部となって参ります。

開花の終了が進んでいることから、6月24日より、群生地の入園料は無料とさせていただいております。
 
今年、高清水自然公園ひめさゆり群生地は、6月29日(水)が開園最終日となりますが、ご来園にあたっては、現時点で花がだいぶ少なくなっていることをご了承願います。
群生地入口からの景観です。このエリアは、ほぼ開花を終えております。群生地入口からの景観です。このエリアは、ほぼ開花を終えております。
中央通路から右斜面に向けての景観です。中央通路から右斜面に向けての景観です。
中央部右側の様子です。花が密生していたこのエリアも花影がだいぶ減少しています。中央部右側の様子です。花が密生していたこのエリアも花影がだいぶ減少しています。
中央部左側の様子です。間もなく開花を終えつつある花々が残る程度となっております。中央部左側の様子です。間もなく開花を終えつつある花々が残る程度となっております。
群生地中央部から右斜面に向けての景観です。写真左端見切れていますが、人気スポットだった場所は、ほぼ花が見られなくなりました。群生地中央部から右斜面に向けての景観です。写真左端見切れていますが、人気スポットだった場所は、ほぼ花が見られなくなりました。
群生地奥から入口にかけての景観です。花を探すのが容易ではない状況となっております。群生地奥から入口にかけての景観です。花を探すのが容易ではない状況となっております。
群生地奥から右斜面に抜ける通路では、ワラビの繁茂が目立ってきております。群生地奥から右斜面に抜ける通路では、ワラビの繁茂が目立ってきております。
右斜面奥の林では、ひめさゆりがかろうじて花を保っています。右斜面奥の林では、ひめさゆりがかろうじて花を保っています。
開園日も明日、明後日の2日間となりましたが、花が保てるか心配です。開園日も明日、明後日の2日間となりましたが、花が保てるか心配です。
中央部から右斜面に抜ける階段では、若干花が残っています。中央部から右斜面に抜ける階段では、若干花が残っています。
右斜面林は、花が未だ残る数少ないエリアとなっています。右斜面林は、花が未だ残る数少ないエリアとなっています。
右斜面頂上へ向かう通路でも花影の減少が進んでいます。右斜面頂上へ向かう通路でも花影の減少が進んでいます。
右斜面頂上へ向かう階段左側の様子です。右斜面頂上へ向かう階段左側の様子です。
右斜面頂上に向けての景観です。開花の終了もありますが、周囲のワラビの繁茂も進んでいます。右斜面頂上に向けての景観です。開花の終了もありますが、周囲のワラビの繁茂も進んでいます。
右斜面頂上手前での状況です。花がかなりまばらとなっています。右斜面頂上手前での状況です。花がかなりまばらとなっています。
頂上付近からの下り階段の様子です。花が比較的がんばっているようにも見えますが、周囲の草丈も伸び、花が見えにくくなっております。頂上付近からの下り階段の様子です。花が比較的がんばっているようにも見えますが、周囲の草丈も伸び、花が見えにくくなっております。
右斜面中腹も、ここ数日で急激に花影が減少しております。右斜面中腹も、ここ数日で急激に花影が減少しております。
例年であれば、6月27日はちょうど満開となる頃ですが、今年は2週間程度早く、開花終了直前となっています。例年であれば、6月27日はちょうど満開となる頃ですが、今年は2週間程度早く、開花終了直前となっています。