見頃情報|南郷ひめさゆりガイド

見頃情報

【高清水自然公園】ひめさゆり開花情報【H27.6.26】

2015年06月26日

6月22日(月)から28日(日)まで開催されています「ひめさゆり早朝撮影」における状況をお知らせいたします。
本日は、予報では晴となっていましたが、あいにくの薄曇りでクッキリとしたご来光を見ることができませんでしたが、淡い光の中朝露を浴びるひめさゆりを見ることができました。
開花状況につきましては、群生地入口付近や右斜面などのエリアで開花が進み、群生地全体としても、開花のピークとなっています。今シーズンの見頃としては最良の状態です。
遅咲きのつぼみもまだまだ見られますが、早咲きの花から一雨ごとに痛みも出て参りますので、今週末を目処にできるだけお早めのお越しをお勧めいたします。
群生地入口は、間もなく咲き揃いそうです。群生地入口は、間もなく咲き揃いそうです。
朝露を浴びて、早朝ならではの美しさです。朝露を浴びて、早朝ならではの美しさです。
群生地中央通路から入口に向けての景観です。群生地中央通路から入口に向けての景観です。
本日は晴れの予報。御来光を期待しましたが、薄曇りとなってしまいました。本日は晴れの予報。御来光を期待しましたが、薄曇りとなってしまいました。
一本に2、3輪の花がひめさゆりらしく可憐に見えます。一本に2、3輪の花がひめさゆりらしく可憐に見えます。
右斜面林の様子です。右斜面林の様子です。
こちらも、右斜面林の様子です。こちらも、右斜面林の様子です。
右斜面の様子です。このエリアは、開花のピークとなっています。右斜面の様子です。このエリアは、開花のピークとなっています。
中央部から右斜面に抜ける階段付近にて撮影したものです。中央部から右斜面に抜ける階段付近にて撮影したものです。
右斜面から群生地中央部を望む景観です。右斜面から群生地中央部を望む景観です。
花の密度は、今が最高です。花の密度は、今が最高です。
ひめさゆりは、開花の後、少しの風雨により花粉が飛散してしまいます。ひめさゆりは、開花の後、少しの風雨により花粉が飛散してしまいます。
このような姿を見ることができるのも、あと一週間程度です。このような姿を見ることができるのも、あと一週間程度です。
写真上段のように4輪花を咲かせるにも、種から10年程度の時間が必要です。写真上段のように4輪花を咲かせるにも、種から10年程度の時間が必要です。
群生地奥に向かう通路から中央部に向けての状況です。群生地奥に向かう通路から中央部に向けての状況です。
群生地中央部の左斜面の開花状況です。群生地中央部の左斜面の開花状況です。
つぼみもまだまだ見られます。つぼみもまだまだ見られます。
群生地中央部から右斜面林に向けての景観です。群生地中央部から右斜面林に向けての景観です。
群生地中央部から入口付近にかけて、開花が進行中です。群生地中央部から入口付近にかけて、開花が進行中です。
群生地入口は5割程度の開花と思われます。群生地入口は5割程度の開花と思われます。
ひめさゆりは、種からはじめて開花するまで7年程度掛かり、以後、年を追うごとに花の数を増やしていきます。ひめさゆりは、種からはじめて開花するまで7年程度掛かり、以後、年を追うごとに花の数を増やしていきます。
右斜面頂上からの景観です。右斜面頂上からの景観です。
右斜面中腹にて撮影したものです。右斜面中腹にて撮影したものです。
右斜面中腹の様子です。ほぼ見頃となっています。右斜面中腹の様子です。ほぼ見頃となっています。

【高清水自然公園】ひめさゆり開花情報【H27.6.25】

2015年06月25日

群生地入口付近や右斜面などのエリアで開花が進み始め、群生地全体としては、開花のピークの1歩手前、9合目といったところで、今シーズンの見頃としては最良の状態に入って参りました。
右斜面では遅咲きのつぼみもまだまだ見られます。今年は花持ちがいいように感じますが、早咲きの花から一雨ごとに痛みも出て参りますので、できるだけお早めのお越しをお勧めいたします。
群生地入口での開花がだいぶ進行して参りました。群生地入口での開花がだいぶ進行して参りました。
群生地中央部の様子です。本日もたくさんの方々にご来園いただきました。群生地中央部の様子です。本日もたくさんの方々にご来園いただきました。
こちらも中央部の様子です。こちらも中央部の様子です。
中央部から右斜面に登る階段の様子です。中央部から右斜面に登る階段の様子です。
中央部から群生地奥に向っての景観です。中央部から群生地奥に向っての景観です。
中央部から左斜面に抜ける通路の様子です。このエリアは比較的早く開花が進みましたが、花持ちがよく、まだまだ満開の状況です。中央部から左斜面に抜ける通路の様子です。このエリアは比較的早く開花が進みましたが、花持ちがよく、まだまだ満開の状況です。
中央部から群生地奥に抜ける途中の通路からの景観です。中央部から群生地奥に抜ける途中の通路からの景観です。
以下、群生地奥から右斜面に抜ける通路からの景観です。以下、群生地奥から右斜面に抜ける通路からの景観です。
以下、右斜面から群生地中央部を望む景観です。以下、右斜面から群生地中央部を望む景観です。
右斜面奥の状況です。今年の第一輪が開花したエリアですが、まだまだこれから開花するつぼみがたくさん見られます。右斜面奥の状況です。今年の第一輪が開花したエリアですが、まだまだこれから開花するつぼみがたくさん見られます。
右斜面林から入口に向けての景観です。右斜面林から入口に向けての景観です。
以下、右斜面林の開花状況です。以下、右斜面林の開花状況です。
右斜面中腹でも開花がだいぶ進んで参りました。右斜面中腹でも開花がだいぶ進んで参りました。

【高清水自然公園】ひめさゆり開花情報【H27.6.24】

2015年06月24日

6月22日(月)から28日(日)まで開催されています「ひめさゆり早朝撮影」における状況をお知らせいたします。
本日は、天候にも恵まれ、朝日、朝露をまとうひめさゆりを見ることができ、たくさんの写真家の方にご来園をいただきました。
開花状況は、群生地入口付近や右斜面などのエリアはまだまだつぼみが多いものの、群生地中央部、左斜面、右斜面の林は満開となっており、群生地全体としては、開花のピークの手前、8合目といったところで、個々のひめさゆりが最も美しい状態となっています。
爽やかな高原に咲く可憐なひめさゆりをご覧にぜひお越しください。
群生地中央部から右斜面に抜ける通路の様子です。<br/>写真左上は早朝撮影の人気スポットになります。群生地中央部から右斜面に抜ける通路の様子です。
写真左上は早朝撮影の人気スポットになります。
右斜面林の様子です。朝露をまとい朝日に輝くひめさゆりを楽しむことができます。右斜面林の様子です。朝露をまとい朝日に輝くひめさゆりを楽しむことができます。
こちらも右斜面林での景観です。こちらも右斜面林での景観です。
ほんの一瞬、朝もやがかかりました。ひめさゆり群生地は、標高900mを超える、いわば雲上に位置しています。ほんの一瞬、朝もやがかかりました。ひめさゆり群生地は、標高900mを超える、いわば雲上に位置しています。
早朝にもかかわらず、たくさんの写真家の方に来園いただきました。早朝にもかかわらず、たくさんの写真家の方に来園いただきました。
群生地中央部の様子です。満開となっています。群生地中央部の様子です。満開となっています。
早朝ならではの色を楽しむことができました。早朝ならではの色を楽しむことができました。
群生地中央部から奥に抜ける通路付近の様子です。群生地中央部から奥に抜ける通路付近の様子です。
左斜面付近にて撮影したものです。左斜面付近にて撮影したものです。
左斜面から中央部に向けての景観です。左斜面から中央部に向けての景観です。
左斜面に抜ける通路から中央部に向けての景観です。左斜面に抜ける通路から中央部に向けての景観です。
左斜面の景観です。左斜面の景観です。
群生地奥が東となり、朝日が差し込みます。群生地奥が東となり、朝日が差し込みます。
群生地奥に抜ける通路付近から撮影したものです。群生地奥に抜ける通路付近から撮影したものです。
群生地奥から右斜面に抜ける通路からの景観です。群生地奥から右斜面に抜ける通路からの景観です。
本日は久しぶりの青空。天候に恵まれました。本日は久しぶりの青空。天候に恵まれました。
再び右斜面林の様子です。<br/>時間経過とともに光線が瞬く間に変化していきます。再び右斜面林の様子です。
時間経過とともに光線が瞬く間に変化していきます。
同じく右斜面林にて撮影したものです。同じく右斜面林にて撮影したものです。
同じく右斜面林にて撮影したものです。同じく右斜面林にて撮影したものです。
右斜面頂上へ向かう通路からの景観です。右斜面頂上へ向かう通路からの景観です。
右斜面中腹でも開花が進んでまいりました。右斜面中腹でも開花が進んでまいりました。
やはり、只今の見どころは、右斜面林と言えます。やはり、只今の見どころは、右斜面林と言えます。
群生地入口の状況です。こちらが咲き揃うには今しばらく時間がかかりそうです。群生地入口の状況です。こちらが咲き揃うには今しばらく時間がかかりそうです。
高清水自然公園ひめさゆり群生地は、まさに今が旬。皆様ぜひお越しください。高清水自然公園ひめさゆり群生地は、まさに今が旬。皆様ぜひお越しください。

【高清水自然公園】ひめさゆり開花情報【H27.6.23】

2015年06月23日

群生地入口など、これまでつぼみの多かったエリアで開花が始まり、見頃エリアが次々と拡大しております。
見頃のピークは、今週の後半となりそうですので、この旬間をご覧にぜひお越しください。
 
ひめさゆり早朝撮影」が6月22日(月)から28日(日)まで開催されています。
早朝撮影では、朝日や朝露、朝もやなど、美しい環境での撮影が楽しめます。
また、三脚の使用もできますので、ぜひご参加ください。
群生地入口付近でも開花が始まっています。群生地入口付近でも開花が始まっています。
群生地中央部から左斜面への景観です。まさに今が旬です。群生地中央部から左斜面への景観です。まさに今が旬です。
中央通路にて撮影したものです。中央通路にて撮影したものです。
群生地中央部から入口に向けての景観です。群生地中央部から入口に向けての景観です。
早朝撮影人気スポットは、今が開花のピークとなります。早朝撮影人気スポットは、今が開花のピークとなります。
群生地中央部から左斜面に抜ける通路の状況です。群生地中央部から左斜面に抜ける通路の状況です。
同通路にて撮影したものです。同通路にて撮影したものです。
本日もたくさんの方々にご来園いただきました。本日もたくさんの方々にご来園いただきました。
中央通路の開花状況です。中央通路の開花状況です。
群生地奥に抜ける通路からの状況です。こちらも今が見頃となっています。群生地奥に抜ける通路からの状況です。こちらも今が見頃となっています。
群生地奥に抜ける通路から撮影したものです。本日は、晴れ間も見えましたが、総じて不安定な天候となりました。群生地奥に抜ける通路から撮影したものです。本日は、晴れ間も見えましたが、総じて不安定な天候となりました。
群生地奥から右斜面に抜ける通路からの景観です。群生地奥から右斜面に抜ける通路からの景観です。
右斜面奥からの景観です。右斜面奥からの景観です。
右斜面林でも今が見頃となっています。右斜面林でも今が見頃となっています。
こちらも右斜面林の様子です。こちらも右斜面林の様子です。
右斜面を頂上へと抜ける通路からの様子です。右斜面を頂上へと抜ける通路からの様子です。
右斜面頂上の状況です。右斜面頂上の状況です。
比較的開花の遅かった右斜面中腹でも開花が始まっています。比較的開花の遅かった右斜面中腹でも開花が始まっています。

【高清水自然公園】ひめさゆり開花情報【H27.6.22】

2015年06月22日

群生地入口など、今まさに開花途上のエリアを除き、群生地全体で開花が進んでおり、見頃を迎えています。
見頃のピークは、今週の後半となりそうですが、つぼみを残しつつ、次々と開花が進む今が写真撮影には最適かと思われます。
 
ひめさゆり早朝撮影」が6月22日(月)から28日(日)まで開催されています。
早朝撮影では、朝日や朝露、朝もやなど、美しい環境での撮影が楽しめます。
また、三脚の使用もできますので、皆様ぜひご参加ください。
群生地中央部から左斜面に向けての景観です。まだつぼみも見られますが、多くの花が咲き揃いつつあります。群生地中央部から左斜面に向けての景観です。まだつぼみも見られますが、多くの花が咲き揃いつつあります。
群生地中央部での開花状況です。数日中に開花しそうなつぼみが多く見られます。群生地中央部での開花状況です。数日中に開花しそうなつぼみが多く見られます。
群生地中央部、早朝撮影の人気スポットでは、ちょうど見頃となっています。群生地中央部、早朝撮影の人気スポットでは、ちょうど見頃となっています。
こちらも早朝撮影の人気スポット、別方角から様子です。こちらも早朝撮影の人気スポット、別方角から様子です。
中央部から左斜面に抜ける階段からの景観です。中央部から左斜面に抜ける階段からの景観です。
左斜面から中央部に向けての景観です。左斜面から中央部に向けての景観です。
左斜面にて撮影しました。左斜面にて撮影しました。
群生地入口の状況です。数日中に開花が進行しそうです。群生地入口の状況です。数日中に開花が進行しそうです。
群生地中央部から入口に向けての景観です。群生地中央部から入口に向けての景観です。
群生地奥に抜ける通路から中央部に向けての景観です。こちらのエリアは開花がだいぶ進んでいます。群生地奥に抜ける通路から中央部に向けての景観です。こちらのエリアは開花がだいぶ進んでいます。
群生地奥の開花状況です。群生地奥の開花状況です。
右斜面から人気スポットに向けての景観です。右斜面から人気スポットに向けての景観です。
右斜面林付近でもだいぶ開花が進んできました。右斜面林付近でもだいぶ開花が進んできました。
こちらも右斜面で撮影したものです。こちらも右斜面で撮影したものです。
右斜面頂上からの景観です。右斜面頂上からの景観です。