J-Alert全国一斉訓練における不具合について|福島県南会津町

互いを思いやり人と自然がやさしさに包まれた安心と信頼のまち

お知らせ一覧

緊急・災害情報

南会津町トップページ町からのお知らせ > J-Alert全国一斉訓練における不具合について

J-Alert全国一斉訓練における不具合について

平成2412月3日に全国瞬時警報システム(通称 J-ALERT(ジェイ・アラート))の全国一斉緊急地震速報訓練が実施されましたが,その際,南会津町の防災行政無線が作動せず,町民の皆様にご心配とご迷惑をお掛けした件について,お詫びいたします。

【経   緯】
 この日の訓練内容については、消防庁からの電文(データ)をJ-ALERT受信機で受信し、自動起動装置の作動、防災行政無線からの放送を一連としたものであります。
 同訓練は、1015分に消防庁からのデータを受信したにも関わらず,自動起動装置が起動せず,防災行政無線が起動しませんでした。

【原   因】
普段、消防庁からJ-ALERT受信機に送信される電文には識別情報(情報ID等)が付されております。
○識別情報には、本番用のデータである「通常」または、訓練用のデータである「訓練」が付されております。

自動起動装置には、この識別情報をもとに作動するか否かの設定があり、「訓練」時には作動しない設定となっておりました。
今回の訓練にあたっては、この電文の識別情報について「訓練」であったため、自動起動装置が作動せず、防災行政無線操作卓が起動しなかったものであります。

【対   応】
 設定内容を改善したソフトウェアを再インストールし自動起動装置の改修を行います。
 これにより、今後の訓練においても自動起動装置から防災行政無線操作卓が起動するよう対応します。
 
 町としては、今後このようなことが無いよう防災行政無線の保守管理を含め、細心の注意を払うよう努めて参りたいと思います。

 

 

※9月12日に実施された全国一斉自動放送訓練については、識別情報が本番用のデータである「通常」で付されていたため放送されております。(本番の運用には問題ありません。)



前のページへ戻る