大桃の舞台 |観光情報|福島県南会津町

四季の都 南会津町

観光スポット

大桃の舞台

駒獄神社の境内にあり、明治28年7月9日の再建である。舞台の中央部には固定二重、二層機構の舞台であり、上の二重の前後には唐紙をいれることができます。その奥は二重下の面と同じ高さに床が張られていて、楽屋になっています。その昔、舞台上手に張り出してゲザと呼ばれる太夫座が常設されていたといいますが現在はなくなっています。習芝居は明治40年までで、それ以後買芝居を上演し毎年3回の宮籠りにも使用されていました。農村舞台の一典型をなすものとして大変重要であります。
住所福島県南会津郡南会津町大桃字居平164番地



前のページへ戻る

Copyright (C) MinamiaizuTown All rights reserved.