下水道事業|福島県南会津町

互いを思いやり人と自然がやさしさに包まれた安心と信頼のまち

下水道事業

下水道が整備されると

・川や海、湖をきれいにし、自然環境が守られます。
・家庭からの排水を流し込んでいた側溝等がきれいになり、悪臭やハエ、蚊の発生を防ぎ、衛生的で住み良い環境ができます。
・水洗便所が使えます。

公共下水道事業・特定環境保全公共下水道事業・農林業集落排水処理事業・簡易排水処理事業・合併処理浄化槽設置整備事業

公共下水道事業

 田島処理区が公共下水道事業の整備計画区域です。
平成4年度に認可を受け工事に着手し、平成10年11月から使用できるようになり、現在では計画区域の約2/3で使用可能となっています。

特定環境保全公共下水道事業

 南郷処理区が特定環境保全公共下水道の整備計画区域です。
平成8年度に事業認可を受け町で支線管渠工事を行い、幹線管渠及び処理場整備は県代行事業で実施しています。平成13年3月から使用できるようになり、現在では計画区域の約9割で使用可能となっています。

農業集落排水事業

 田島処理区の針生・田部地区、舘岩処理区の湯ノ花・前沢・高杖・上郷地区、伊南村処理区の古町地区の7施設が整備も完了し、現在使用している地区です。

林業集落排水事業

 林業集落排水事業は南郷処理区の小野島地区で整備しており、既に使用が開始されています。

簡易排水処理施設

 簡易排水事業は舘岩処理区のたのせ地区で整備しており、既に使用が開始されています。

合併処理浄化槽設置整備事業

 公共下水道事業、特定環境保全公共下水道事業、農林業集落排水事業、簡易排水処理施設の下水道事業計画区域以外の町全域及び下水道事業計画区域内で、原則として7年以上下水道の整備が見込まれない区域について、合併処理浄化槽を設置する方に対して補助金を交付します。

〈設置する合併処理浄化槽〉
 補助金交付対象となる合併処理浄化槽は、し尿と雑排水を併せて処理する浄化槽で、BOD(生物化学的酸素要求量)の除去率95%以上で、放流水のBODが1リットル当たり10ミリグラム以下及び窒素の除去が1リットル当たり10ミリグラム以下の機能を有し、流量調整機能及び嫌気槽と好気槽が組み合わされており、かつ循環装置が付加されている高度処理型合併処理浄化槽です。 なお、11人槽以上の設置補助については、し尿と雑排水を併せて処理する浄化槽で、BODの除去率90%以上で、放流水のBODが1リットル当たり20ミリグラム以下及び窒素の除去が1リットル当たり20ミリグラム以下の機能を有する普通型合併処理浄化槽でも補助金を交付します。
〈補助金額〉
合併処理浄化槽設置費補助(専用住宅の場合)

人槽区分 高度処理型 普通型
5人槽 471,000円
6~7人槽 519,000円
8~10人槽 615,000円
11~20人槽 1,164,000円 1,002,000円
21~30人槽 1,953,000円 1,545,000円
31~50人槽 2,610,000円 2,129,000円
51人槽~ 2,979,000円 2,429,000円

合併処理浄化槽設置費補助(専用住宅以外の場合)
人槽区分 高度処理型  普通型 
5人槽 352,000円 ― 
6~7人槽 441,000円
8~10人槽 588,000円
11~20人槽 1,002,000円 1,002,000円
21~30人槽 1,545,000円 1,545,000円
31~50人槽 2,129,000円 2,129,000円
51人槽~ 2,429,000円 2,429,000円

単独処理浄化槽・くみ取便槽撤去費補助
限度額 60,000円  ただし、単独処理浄化槽本体の、一部又は全部にかかり合併処理浄化槽を設置する場合及び施工上の制約により撤去跡地に設置出来ない場合であって同一敷地内に設置する場合は、30,000円を加算します。
ただし、新築及び更地にした上での建替え又は専用住宅以外の場合は、補助対象外とします。

■ 使用料・負担金・分担金・加入金・利子補給制度

〈 使 用 料 〉

下水道を維持管理するうえで、使用料は大事な財源です。
公共下水道・特定環境保全公共下水道・農林業集落排水処理施設・簡易排水処理施設の使用料は全て同じ料金です。使用料の計算は「基本額」と使用量に応じた「超過使用料」を合計した額となります。(消費税5%を含む)
使用料は、基本的に2ヶ月毎に検針をし、水道料金と一緒に請求いたします。

区     分
水道使用量
料金(税込)
基本使用料
10m3まで
1,785円
超過使用料
(水道使用量1m3あたり)
11~50m3
189円
51~100m3
199円
101m3以上
210円
※1 井戸水などを下水道へ流している場合は、1人あたり6m3を使用水量とします。
※2 水道水と井戸水などを併用している場合、水道水の使用量に1人あたり3m3を加算したものを使用水量とします。

(例)2ヶ月の水道使用量が40m3の場合
基本使用料 1,785円×2ヶ月=3,570円(A)
超過使用料 11?50m3まで189円×20m3=3,780円(B)
合計 (A)+(B)=7,350円(1ヶ月3,670円となる。)

〈 負担金・・・田島処理区 公共下水道事業 〉

公共下水道の整備は、国、県の補助金や町税、国からの借入金のほか、施設建設費の一部を受益者の皆様に負担をしていただきながら整備を図っています。

○受益者の決め方
・Aさんの土地にAさんが家を建ててAさんが住んでいる場合・・・受益者はAさん
・Aさんの土地にAさんが家を建ててCさんが住んでいる場合・・・受益者はAさん
・Aさんの土地にBさんが家を建ててBさんが住んでいる場合・・・受益者はBさん
・Aさんの土地にBさんが家を建ててCさんが住んでいる場合・・・受益者はBさん

(例)受益者負担金の計算
土地の面積が100坪(330.58m2)の場合
330.58m2×220円/m2+70,600円/世帯(均等割)=143,327円
100円未満を切り捨てた143,300円が負担金額となります。

 
6月末
8月末
10月末
12月末
1年目
12,200円
11,900円
11,900円
11,900円
47,900円
2年目
12,200円
11,900円
11,900円
11,900円
47,700円
3年目
12,200円
11,900円
11,900円
11,900円
47,700円
合     計
143,300円

〈 分担金及び加入金 〉

 下記の農業集落排水処理施設・簡易排水処理施設に接続される方は、受益者分担金及び加入金をお支払いいただきます。なお、分担金については2年8期の分割払い、加入金については一括払いとなります。
 

  田島
田部地区
舘岩
湯ノ花地区
舘岩
前沢地区
舘岩
高杖地区
舘岩
上郷地区
舘岩
たのせ地区
伊南
古町地区
受益者分担金
114,000円
加入金
152,913円
152,913円
152,913円
152,913円
152,913円
150,000円

〈 融資あっせん及び利子補給制度 〉

 公共下水道や農林業集落排水処理施設等へ接続される方の負担の軽減を図るため、排水設備の改造工事に要する資金の融資あっせん及び利子補給制度を行っております。

○融資あっせんの対象となる方
(1)供用開始区域内に家屋を所有している方
(2)町税に対して未納がない方
(3)町内に居住し、町税に未納がない連帯保証人2名を有する方
(4)供用開始の日から3年以内に排水設備の改造工事を行う方


■ 家庭の排水設備工事

 家庭や事務所等からでる汚水、雑排水を下水道に流すため敷地内に設けられる排水管や汚水ます等は、個人の費用で設置や維持管理を行っていただきます。
 工事は、町が指定する排水設備指定工事店に直接申し込んでください。町に提出する書類や手続きは申請者に代わり指定工事店が行います。 なお、工事は町に登録されている排水設備指定工事店以外の業者ではできませんので注意をしてください。

指定工事店一覧PDF

【問い合わせ】

本 庁 環 境 水 道 課
TEL 0241-62-6140
舘岩総合支所振興課環境水道係
TEL 0241-78-3335
伊南総合支所振興課環境水道係
TEL 0241-76-7715
南郷総合支所振興課環境水道係
TEL 0241-72-2114



前のページへ戻る