「駒止湿原における木道新ルート沿いの生物相調査」報告書|福島県南会津町

互いを思いやり人と自然がやさしさに包まれた安心と信頼のまち

お知らせ一覧

緊急・災害情報

南会津町トップページ教育・文化 > 町の文化財 > 「駒止湿原における木道新ルート沿いの生物相調査」報告書

「駒止湿原における木道新ルート沿いの生物相調査」報告書

駒止湿原保護協議会では、「駒止湿原保存管理計画」(南会津町・昭和村。H20)で示された木道新ルート沿いの生物相について、平成23年から3年にわたり福島大学共生システム理工学類塘研究室・黒沢研究室に委託し調査を実施しました。
本報告書は、木道新ルートを中心に実施された生物相調査の結果を取りまとめたものであり、駒止湿原の保存管理に関する提言や示唆などを含んだものとなっています。

前のページへ戻る