天然記念物「駒止湿原」保存管理計画書(ニホンジカ対策編)(案)に係るパブリツクコメント実施結果について|福島県南会津町

互いを思いやり人と自然がやさしさに包まれた安心と信頼のまち

お知らせ一覧

緊急・災害情報

南会津町トップページ教育・文化 > 町の文化財 > 天然記念物「駒止湿原」保存管理計画書(ニホンジカ対策編)(案)に係るパブリツクコメント実施結果について

天然記念物「駒止湿原」保存管理計画書(ニホンジカ対策編)(案)に係るパブリツクコメント実施結果について

  本町では、天然記念物「駒止湿原」保存管理計画書(ニホンジカ対策編)(案)について、平成29年5月15日(月)から平成29年6月14日(水)までパブリックコメントを実施した結果、1名の方から貴重なご意見をいただきました。ありがとうございました。
  いただいた意見と町の考え方を以下のとおり公表します。なお、ご意見は要約して掲載していますので、あらかじめご了承ください。

○いただいたご意見

  尾瀬の大江湿原への防鹿柵を見ると、ニッコウキスゲ等は徐々に増えているが、周辺の森林内が食害にあっており、その影響で昆虫類が減っているように感じられる。
  基本的にはニホンジカを駆除するしかないと思うが、駆除したニホンジカを廃棄するのではなく、新たな南会津の資源として活かす取り組みを現在進めており、革で産品を作り販売することは、生き物の命を奪う私達の義務だと思っている。放射線量が低くなったことから肉についてもベットフード等活用してはどうか。

○町の考え

  本計画への貴重なご意見として承ります。
  ニホンジカの駆除については、鳥獣対策専門員を設置し全町的に対策を講じることとしています。
  駆除したニホンジカの活用については、今後の検討材料とさせていただきます。

お問い合わせ

南会津町教育委員会生涯学習課文化財係
電話番号:0241-62-6311
FAX:0241-62-6307
電子メール:h_syogaku@minamiaizu.org


前のページへ戻る