○南会津町防犯灯設置補助金交付要綱

平成18年3月20日

告示第29号

(趣旨)

第1条 この告示は、各集落が防犯灯を新設又は更新する場合において、その経費に対し、南会津町補助金等の交付等に関する規則(平成18年南会津町規則第59号。以下「規則」という。)及びこの告示の定めるところにより予算の範囲で補助金を交付する。

(定義)

第2条 この告示において「防犯灯」とは、各集落が夜間における犯罪の発生防止と通行の安全を図ることを目的に道路、橋、公園等に設置し、又は維持管理する照明器具(広告灯及び装飾灯を除く。)をいう。

(補助対象及び補助額)

第3条 補助金の対象経費は、防犯灯の新設又は更新に要する経費とする。

2 補助金の額は、別表に掲げるとおりとする。

(申請書の様式等)

第4条 補助事業者は、規則第4条第1項に定める補助金交付申請書を、町長が別に定める日までに提出しなければならない。

2 前項の申請書には、次の書類を添付しなければならない。

(1) 収支予算書(様式第1号)

(2) 工事見積書

(3) 設置箇所を示す略図

(実績報告)

第5条 補助事業者は、補助事業が完了したときは、規則第13条第1項に定める実績報告書を提出しなければならない。

2 前項の実績報告書には、次の書類を添付しなければならない。

(1) 防犯灯設置事業完了届

(2) 収支精算書(様式第2号)

(3) 工事完了写真及び工事契約書又は受領証の写し

(4) 設置箇所を示す略図

(会計帳簿等の整備)

第6条 補助事業者は、補助金の収支状況を記載した会計帳簿その他の書類を整備し、補助事業の完了した日の属する会計年度の翌年から起算して5年間保存しておかなければならない。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成18年3月20日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、合併前の田島町防犯灯設置補助金交付要綱(昭和52年田島町告示第2号)、舘岩村街路灯設置費補助金交付要綱(昭和59年舘岩村要綱第3号)又は南郷村街路灯設置に要する経費補助金交付要綱(平成8年南郷村告示第39号)の規定によりなされた決定、手続その他の行為は、それぞれこの告示の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成22年告示第56号)

この告示は、平成22年10月1日から施行する。

別表(第3条関係)

区分

種類

補助金の額

1灯当たりの補助限度額

既設柱式

新設

LED式

設置費の2分の1以内(100円未満切捨て)

35,000円

LED式以外

15,000円

更新

LED式

30,000円

LED式以外

10,000円

ポール式

新設

LED式

40,000円

LED式以外

25,000円

備考

1 既設柱式とは、既存の支柱に防犯灯を設置する方式をいう。

2 ポール式とは、専用ポールを新たに建て防犯灯を設置する方式をいう。

3 新設とは、新たに防犯灯を設置することをいい、更新とは、既設の防犯灯(設置から10年以上経過したもの)を老朽化等により取り替えることをいう。

南会津町防犯灯設置補助金交付要綱

平成18年3月20日 告示第29号