○南会津町高齢者生活福祉センター条例

平成18年3月20日

条例第116号

(設置)

第1条 老人福祉の向上を図るため、高齢者生活福祉センター(以下「福祉センター」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 福祉センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

南会津町舘岩高齢者生活福祉センター高夕

南会津町湯ノ花647番地

南会津町伊南高齢者生活福祉センター尾白荘

南会津町古町字太子堂205番地

(指定管理者による管理)

第3条 福祉センターの管理は、南会津町公の施設の指定管理者の指定の手続等に関する条例(平成18年南会津町条例第53号)の定めるところにより、町長が指定した法人その他の団体(以下「指定管理者」という。)に行わせるものとする。

(指定管理者が行う業務)

第4条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) デイサービス事業、居住サービス事業及びショートスティ事業に関する業務

(2) 第13条に規定する利用料金の徴収及び第14条に規定する利用料金の減免に関する業務

(3) 福祉センター及び附属設備の維持及び修繕に関する業務

(4) 前3号に掲げるもののほか、福祉センターの管理に関して町長が必要と認める業務

(指定管理者による管理の期間)

第5条 指定管理者が福祉センターの管理を行う期間は、指定を受けた日から起算して5年間を限度とする。

(利用対象者)

第6条 福祉センターの利用対象者は、本町に住所を有するおおむね65歳以上の在宅要援護高齢者とする。ただし、その他町長が適当と認める者も利用することができる。

(利用の許可)

第7条 福祉センターの施設及び附属施設(以下「施設等」という。)を利用しようとする者は、あらかじめ指定管理者の許可を受けなければならない。許可に係る事項を変更しようとするときも、同様とする。

2 指定管理者は、前項の許可をする場合において、福祉センターの管理上必要な条件を付することができる。

3 指定管理者は、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、福祉センターの利用を許可しない。

(1) その利用が福祉センターの設置の目的に反するとき。

(2) その利用が公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあるとき。

(3) その利用が施設等を損傷し、又は滅失するおそれがあるとき。

(4) その他福祉センターの管理上支障があるとき。

(利用料金)

第8条 利用者は、福祉センターの利用に係る料金(以下「利用料金」という。)を指定管理者に納付しなければならない。

2 利用料金は、別表第1及び別表第2に定める額の範囲内において、指定管理者が定める。この場合において、指定管理者は、あらかじめ当該利用料金について町長の承認を受けなければならない。

3 指定管理者は、利用料金を自己の収入として収受するものとする。

(利用料金の減免)

第9条 指定管理者は、あらかじめ町長の承認を受けた基準により、前条の利用料金を減額し、又は免除することができる。

(利用料金不返還の原則)

第10条 既納の利用料金は、返還しない。ただし、指定管理者は、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、その全部又は一部を返還することができる。

(1) 福祉センターの管理上特に必要があるため、指定管理者が利用の許可を取り消したとき。

(2) 利用者の責めに帰することができない理由により、福祉センターの施設等を利用することができないとき。

(損害賠償の義務)

第11条 利用者は、故意又は過失により施設等を損傷し、又は滅失したときは、利用者は、それによって生じた損害を賠償しなければならない。ただし、町長が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

(委任)

第12条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成18年3月20日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の舘岩村高齢者生活福祉センター条例(平成7年舘岩村条例第10号)又は伊南村高齢者生活福祉センター設置条例(平成6年伊南村条例第1号)の規定に基づきなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成20年条例第13号)

この条例は、平成20年4月1日から施行する。

別表第1(第8条関係)

高齢者生活福祉センター居住部門利用料金(月額)

 

対象収入による階層区分

1人当たり利用料金

A

1,200,000円以下

0円

B

1,200,001円~1,300,000円

4,000円

C

1,300,001円~1,400,000円

7,000円

D

1,400,001円~1,500,000円

10,000円

E

1,500,001円~1,600,000円

13,000円

F

1,600,001円~1,700,000円

16,000円

G

1,700,001円~1,800,000円

19,000円

H

1,800,001円~1,900,000円

22,000円

I

1,900,001円~2,000,000円

25,000円

J

2,000,001円~2,100,000円

30,000円

K

2,100,001円~2,200,000円

35,000円

L

2,200,001円~2,300,000円

40,000円

M

2,300,001円~2,400,000円

45,000円

N

2,400,001円以上

50,000円

注1 この表における「対象収入」とは、前年の収入(社会通念上収入として認定することが適当でないものを除く。)から社会保険料、租税、医療費等の必要経費を控除した後の収入をいう。

注2 夫婦で入居する場合については、夫婦の収入及び必要経費を合算し、対象収入合計額の2分の1をそれぞれ個々の対象収入とし、その額が120万円を超える場合の夫婦それぞれの利用料金については、この表の額から30%を減額した額(100円未満は、切り捨てる。)とする。

別表第2(第8条関係)

高齢者生活福祉センター実費相当利用料金

区分

金額

デイサービス部門

1回当たり 1,000円

居住部門

1月当たり 10,000円

ショートスティ部門

1日当たり 3,500円

南会津町高齢者生活福祉センター条例

平成18年3月20日 条例第116号