空き家等の適正管理に関する条例

 近年、過疎化や高齢化、又は経済的事情などにより、空き家等が放置され適正に管理されずに倒壊や防犯上の問題など周辺住民への生活環境の悪影響が課題となっています。
 町は、このような状況を改善、防止し、地域の良好な景観の保全と住民の安全で安心な暮らしを確保することを目的とした条例を制定しました。
 この条例により、空き家等の所有者等の債務を明らかにするとともに、適正な管理を促すなどの必要な措置を行い、管理不全な空き家等の問題の解消を図ります。

 


«前のページへ戻る